カテゴリ一覧

TVログバナー

タイBLドラマ「2gether」の魅力を徹底分析!見どころ・インタビュー・フォトギャラリー・口コミも

#2gether
2020年6月30日 by

タイBLドラマ史上最高のヒット作として今注目を浴びている「2gether The Series」(以下2gether)。2020年2月に放送された最終回はTwitterで世界のトレンド入りを果たし、YouTube全話総再生数は2億3000万を記録しました。

そんな話題作「2gether 」が、7月31日(金)昼12時より「RakutenTV」にて毎週1話ずつ配信されることが決定しました!

そこでTVマガでは、2getherのあらすじ、キャスト、見どころ、口コミを掲載!

さらに2getherとタイのBLドラマに詳しい、視覚文化研究者の堀あきこさん、2GETHER the series JapanFCさん、配給会社・コンテンツセブン宣伝担当さんに2getherの魅力をお伺いしたので紹介します!

タイBLドラマ「2gether」とは?

提供:コンテンツセブン/©GMMTV (以下同)

もともとタイ国内で大人気になったBL小説をドラマ化。大学を舞台に、ワケあって恋人同士のふりをすることになった2人の男子学生の恋の行方を描くラブストーリー。王道の学園ラブコメディにBL要素が加わった作品です。

タイ本国では2020年2月からオンエアされ、公式YouTube に英語字幕付きで配信されて、世界中に人気がイッキに拡散しました。日本ではボランティアのファンクラブによる日本語字幕のおかげで人気に火がつきました。タイでは5月15日に最終回を迎え、その後のツイート数が全世界で480万件にも上り、世界のトレンド1位を獲得しました。

タイBLドラマ「2gether」あらすじ&キャスト

あらすじ

いろんな女の子と付き合ったものの、運命の相手と出会ったことがなかったタインは、学業よりも出会いを求めて大学へ。なのに初めて告白されたのはゲイの同級生のグリーン。全くその気のないタインはあの手この手で逃げるが、グリーンは全く諦めそうにない。

困り果てたタインは親友たちのすすめもあって、学内でファンクラブができるほど人気のサラワットにニセの彼氏になってもらおうと計画。最初は不愛想でつれなかったサラワットでしたが、やがてタインの願いを聞いて、恋人のふりをしてくれることになり…。

キャスト

タイン役:Win(ウィン)本名:メタウィン・オーパス=アイムカジョン

法学部に通う大学1年生。キュートなイケメンなのに、「俺はシックな男だ」と自称するなど自分がわかってなかったり、ドジを踏んだりするけれど基本、愛されキャラ。女の子と出会うためチアリーダー部に入部。その後、サラワットにニセの彼氏になってもらうため、軽音楽部にも入部する。

サラワット役:Bright(ブライト)本名:ワチラウィット・チワアリー

政治学部の1年生。軽音楽部に所属し、部内で結成したバンドのギターリストで、サッカー選手でもある。ファンクラブができるほど人気者でイケメンだけど、人づきあいが苦手でSNSはやらず、メールだけ。女の子たちに騒がれても笑顔ひとつ見せない。タインに対しても素っ気ない態度。

グリーン役:Gun(ガン)本名:コラウィット・ブーンスィ

タインに一目惚れし猛アプローチ。大学内でタインを追いかけ回す。彼氏として急に現れたサラワットをニセ物ではないかと疑っている。

マン役:Mike(マイク)本名:シナラット・シリポンシャワリット

サラワットの友達。ひょんなことからタイプに出会い恋に落ちる。

タイプ役:Toptap(トップタップ)本名:ジラキット・クーアリヤクン

サラワットの友達・マンにひとめぼれされ、猛プッシュされる。

プーコーン役:Frank(フランク)本名:タナットサラン・サムトーンライ

サラワットの弟。高校生。サラワットとタインの大学の学園祭に遊びに来たとき、建築学科の先輩ミルに一目惚れをする。

ミル役:Drake(ドレイク)本名:サッタブット・ラディキ

建築学科の先輩。サラワットの弟プーコーンに思いを寄せられる。

2getherの魅力①好対照なイケメン2人のビジュアルが神がかっている

注目すべきは主演2人のビジュアル。タイン演じるウィンは色白のベビーフェイスでアイドルのような甘いマスク。爽やか系の笑顔で、チアリーダーの衣装を着るとまるで“チャーミング王子”。一方、サラワット役のブライトは彫りが深く、目鼻立ちクッキリで色気も漂う美青年。いつも淡々として滅多に笑いもしないキャラクター。2人は対照的なイケメンですが、それぞれのキャラクターを見事モノにしています。そのハマり度も見どころ。

天然系のタインは、グリーンを撃退するために用意した睡眠薬入りのジュースをうっかり自分で飲んでしまうなどドジなところも多く、あたふたする姿もかわいい。とくに「彼氏になって」とサラワットに無茶ぶりしておきながら、彼との距離が近づくにつれてどうしていいのかわからず戸惑うことに。その度に見せる表情も絶妙。かと思えば、全くサラワットの気持ちも察することなく、残酷にスルーしてしまうことも。そんな時のサラワット演じるブライトの憂いを帯びた表情や寂しそうな眼差しには胸キュンせずには入られません。

「キャストの際立つビジュアルと演技力、個性豊かなキャラクターが魅力です。放送前にキャストのビジュアルを見た瞬間、これはすごい作品が現れたぞと一目で引き込まれました。そのぐらい人々を惹きつける魅力を持ったキャスト陣です」(コンテンツセブン広報担当)

「主人公のふたりのビジュアルは言うまでもなく最高。誰が見てもかっこよくてかわいくて…。最初に2getherの予告を見たときすっかり心奪われました(2GETHER the series JapanFC)

2getherの魅力②少女マンガのような王道の胸キュンストーリー

ポッキーゲームでキスしたり、頭ポンポンに、お気に入りの曲を一つのイヤホン分けっこして聴いたり、ラブコメの定番シーンが満載。それを、天然キャラのタインと、ドキっとするような色気も漂うサラワットという並んでいるだけで絵になる2人が見せてくれるだけで眼福。おまけに「お前は俺のものだ」といった台詞がここぞというナイスなタイミングで登場して、ドキドキさせてくれます。

ニセの彼氏を頼んだことから始まったタインとサラワットの関係が紆余曲折を経ながら、少しずつ変化していく互いの心情を丁寧に描いています。中盤以降、前半で張られた伏線の数々が、実は2人の関係に大きな意味があったことがわかったり。コミカルに描かれているのでつい見落としがちですが、最終回に近くづくにつれて気が付くところもあるのが、本作の面白さ。よく練られた脚本と演出にも注目です。

「誰でもわかりやすいストーリーが2getherの魅力。まさにラブコメの王道中の王道。ドキドキ、ワクワクしながらふたりの恋を見守れます」(2GETHER the series JapanFC)

2getherの魅力③タイの人気バンド“Scrubb”の音楽が素敵すぎる

「2gether」はドラマの原作「Because We Are Together(原題)」の作者JittiRain氏が、タイの人気バンド“Scrubb”が大ファンで、彼らの曲にインスパイアされて書かれた物語。

劇中では、タインがScrubbのファンということで描かれているほか、Scrubbもライブシーンで登場しています。タインとサラワットの想いを語る言葉代わりになっていたり、オリジナル・サウンドドラックでは歌手でもあるブライトも歌声を披露。

特に、彼がウィンと共に一緒に出演しているエンディング曲「Kang Coo」のMVの再生回数が1800万回を突破するほどの人気とか。甘く歌い上げるブライトの声に、またまたドラマの世界に引き寄せられそうです。

「ドラマの中でタインとサラワットがScrubbの歌を歌っていたり、ブライトのMVにふたりが出演しているところもいいですね。ファンがさらに2getherにハマる理由でもあります」(視覚文化研究・堀あきこ)

「音楽があって2getherが完成すると言ってもいいぐらいに、ドラマのキーとなるScrubbの曲は欠かせないものです。どこか懐かしくて青春の甘酸っぱさを感じる歌詞とメロディーが、彼らの心情をより一層強く伝えてくれていると思います」(コンテンツセブン広報担当)

2getherの魅力④さわやかな恋を友達みんなも応援!

タイのBLドラマの中にはお子様厳禁のラブシーンがあるものもあります。でも「2gether」はキスシーンに上半身裸はありますが、描かれるのはあくまでもプラトニックラブ。というわけで、濃密な描写は苦手という人でも問題なく見られる入門書的BLドラマ。

しかも、誰かを好きになるときめき、上手く行かずにもどかしい思い、悲しみや切なさを中心に描かれています。タインとサラワットだけでなく、そのほかの登場人物たちの恋愛模様にも触れることでドラマに深みを持たせています。また、ふたりの恋を応援する友達にも注目です。

「サラワットの恋を肯定し、後押しする友達の存在は作品のキーになってますよね。タインともっとも付き合いの長い友人が、タインの気持ちの変化にいち早く気づいたり。ふたりの恋を応援する人がたくさん作中に登場して、観ている方も一緒に応援したくなる、そんなやさしい世界が2getherには広がっています」(視覚文化研究・堀あきこ)

「2gether」TVログでの口コミは?

この口コミには続きがあります

この口コミには続きがあります

「2gether」永久保存版フォトギャラリー

まとめ

すでに2getherを見た人も、まだ見てない人もRakutenTVをチェック。7月31日(金)の放送スタートを楽しみにしてください!

RakutenTV特設サイトはこちら

2gether公式サイトはこちら

2getherを星評価!

ドラマ口コミサイトTVログでは2getherに星評価をつけることができます!よかったら評価をお願いします!みんなで2getherを応援しましょう。

 

<取材協力>

堀あきこ
視覚文化研究。関西大学ほか非常勤講師。専門は社会学、ジェンダー、セクシュアリティー。著書に「欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差」(臨川書店)ほか。7月20日に「BLの教科書」(有斐閣)が発売予定。

2GETHER the series JapanFC
2GETHER the series Unofficial Japan Fan Base。さまざまな情報共有及び日本語字幕として活動。FC取材のイベント開催も手がける。この夏も新たなイベントを計画中。https://twitter.com/2gether_jfc

コンテンツセブン
「2gether」の配給会社。アジア系ドラマや映画の配給も行う。字幕制作やイベント開催も。

 

<執筆協力>

前田かおり
映画&海外ドラマライター。映画俳優、監督のインタビューから現場取材に加えて、海外ドラマ、韓国ドラマのレビューを、『日経エンタテインメント』『SCREEN』『DVD&動画配信でーた』などの紙媒体やムック本、Webで執筆。基本、面白いエンタメなら見ずには寝れない!

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が発信するWEBマガジンです。今注目の俳優・女優、話題のドラマのランキング、著名なライターによる定期コラムなどドラマに関する情報をお届けしています。

よく読まれている記事