カテゴリ一覧

TVログバナー
林遣都 スカーレット

300人に聞いた! NHK“朝ドラ”ハマり役だった俳優ランキング ベスト15

#林遣都 #朝ドラ #ディーン・フジオカ
2020年2月28日 by

1961年から始まり、約60年の歴史があるNHKの朝の連続テレビ小説、通称朝ドラ!

朝ドラヒロインに選ばれるのは若い女優さんの目標とも言われるほどです。

しかし今回はそのヒロインではなく、彼女たちに寄り添う男性キャストのハマり役について300人にアンケートを実施しました。

果たしてどんなキャラクターを演じた俳優さんがランクインしているのか?選んだ理由と共にご紹介いたします!

引用:NHKオンデマンド

1位:林遣都:スカーレット(大野信作 役)

林遣都
引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

戦後間もない滋賀県の信楽を舞台に、当時男性社会と言われていた陶芸界へ飛び込むヒロイン・川原喜美子(戸田恵梨香)の姿を描く。林遣都は喜美子の幼馴染・大野信作を演じた。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2019年9月30日〜2020年3月28日(予定)
出演 戸田恵梨香 富田靖子 松下洸平 大島優子 林遣都 北村一輝
脚本 水橋文美江

選んだ理由紹介

・ハマってた

愛すべきダメ男っぷりに癒されました(かざみさん)

・良いバランス

振り切ったお笑い要員かと思いきや、人の為であり、周りの人の気持ちを思いやる、寄り添いかたも含めていい幼なじみ。(まほさん)

・存在感がある

物語の核心に関わらないようでいて、いつも主人公の人生に大きな影響を及ぼし、それを押しつけがましく感じさせない大らかで爽やかな存在感が素晴らしかった。(ひなあられさん)

ランキング1位は林遣都さん!喜美子を中心とした幼馴染3人組でいるときの信作のお調子者ぶりがとてもいい!でも面白いだけではなく、ヒロインの幸せを願う真摯な姿も魅力です。

2位:ディーン・フジオカ:あさが来た(五代友厚 役)

女性にまだ参政権がなかった時代、親の決めた結婚に反発をする女性今井あさ(波瑠)。その持ち前のバイタリティを活かし、起業や大学設立に奮闘する姿を描く。ディーン・フジオカ演じる五代友厚はイギリスに留学経験のある薩摩藩士。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2015年9月28日〜2016年4月2日
出演 波瑠 玉木宏 寺島しのぶ 升毅 柄本佑 ディーン・フジオカ
脚本 大森美香

選んだ理由紹介

・新しい風

普通の日本人俳優さんと違う、新しい風を朝ドラに運んでくれたところ(ミキさん)

・スマートだった

海外に精通して、あの時代に英語を話したり洋装を着こなしているのにディーンさんが演じると違和感やイヤミな感じもなく、本当に素敵な五代さんでした。(goodlife21jmさん)

ランキング2位はディーン・フジオカさん。すでに結婚していたあさに想いを寄せる五代様が切なかったです。女性が自由に生きることが難しい時代に、ヒロインをやさしく導いてくれた存在としてとても印象的でした。

3位:玉木宏:あさが来た(白岡新次郎)

玉木宏は、ヒロイン・あさの夫である白岡新次郎を演じた。

選んだ理由紹介

・見事!

一見ひょうひょうとした遊び人のようでいて、あさのことを信頼し、しっかり支えている。このオシャレな感じは玉木宏にしか出せないのではないでしょうか。(kenninさん)

・この一言に尽きる

軽く見せかけて深い愛情に溢れてた(コジコジさん)

ランキング3位は玉木宏さん!軽やかで愛情深い新次郎さんを、玉木宏さんが好演。あさが自分の思う道を進めたのも新次郎さんの存在があってこそかもしれません。

4位:中村倫也:半分、青い(朝井正人 役)


引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

1971年。大阪万博の年に生まれた鈴愛(永野芽郁)は片耳が不自由ながらも、その素晴らしい想像力でさまざまな試練を乗り越えてゆく。中村倫也演じる朝井正人は、鈴愛の幼馴染・律が通う大学の同級生である。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2018年4月2日〜9月29日
出演 永野芽郁 松雪泰子 滝藤賢一 佐藤健
脚本 北川悦吏子

選んだ理由紹介

・癒された

彼にしか出せないふんわりした空気と間(らくださん)

・リアルに感じられた

まぁくんの話し方、間、空気感は実際に存在し、かつ中村倫也さん本人が登場してるようでした。(もこさん)

猫のミレーヌと一緒に登場してきた時のふんわり感や、人の懐にスッと入り込んでくる様子にどハマりしてしまう視聴者が多いのも頷けます。中村倫也さんの魅了が全開のキャラクターですね。

5位:松下洸平:スカーレット(十和田八郎 役)

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

松下洸平は喜美子の夫・十和田八郎を演じた。

選んだ理由紹介

・噛めば噛むほど

最初に登場したときは「なんだこの地味な人は…!」と思っていたのに、今ではかっこよく見えて仕方ありません。優しいし、男らしいし、真面目だし、女遊びもしない。(あいうえおさん)

・相性バツグン

戸田さんの演技と相性がよい。実力派!(たすけさん)

喜美ちゃんが大好きなことが伝わってくるのも、松下洸平さんのあの朴訥とした雰囲気のなせる技かもしれません。別々の道を歩んでからも寄り添うような視線を感じられるのは、松下洸平さんならでは。

6位:向井理:ゲゲゲの女房(水木しげる/村井茂 役)

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

「ゲゲゲの鬼太郎」作者、水木しげるの元へと嫁いだ布美枝(松下奈緒)。無名時代の貧しさを共に乗り越えてゆく姿を描く。向井理はその水木しげるをユーモラスに、そして時に熱く演じた。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2010年3月29日〜9月25日
出演 松下奈緒 向井理 野際陽子 有森也実 松坂慶子
脚本 山本むつみ

選んだ理由紹介

・まさにハマり役!

黒縁眼鏡の昭和コスプレですらカッコ良かった。淡々と、でも一心不乱に作品に取り組む姿が良かった。(ジルベールさん)

・ギャップがよかった

不愛想な感じと一生懸命漫画を描く姿がとても印象的で、素敵でした。大きな身体も、実際の水木先生とだぶるような感じもして、とてもよかったです。片腕で漫画を描くというのはとても大変だと思いますが、それを見事に再現していたと思います。(makoさん)

水木しげるさんという個性の強いキャラクターを、見事自分のものとして演じていた向井理さん。ユーモアと情熱を感じさせる姿が記憶に残ります。

7位:長谷川博己:まんぷく(立花萬平 役)

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

戦後、食料難がつづく日本において「おいしくて栄養たっぷりの食べ物」を新しく発明しよう!とインスタントラーメンの開発にもがく立花萬平(長谷川博己)・福子(安藤サクラ)夫妻の物語。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2018年10月1日〜2019年3月30日
出演 安藤サクラ 長谷川博己 内田有紀 松下奈緒 要潤 大谷亮平 松坂慶子
脚本 福田靖

選んだ理由紹介

・シリアスもコミカルもこなす

インスタントラーメンの開発で、血のにじむような努力をしつつ、シリアスながらどこかコミカルな役柄がぴったりだった。(leaf11122さん)

・伝わりました

研究開発に没頭して周りが見えなくなる雰囲気がとてもよく出ていてよかったです。奥さんや義理のお母さんとのやりとりに関しても自分を通す意志が感じられるところが、長谷川博己さんの雰囲気とぴったりハマっていて、男らしく凛とした姿がとても良かったです。(kei0317さん)

いつもそばにいてくれる福子のおかげで、のびのびと発明に没頭し、頑固なまでにインスタントラーメン開発にこだわる萬平さん。長谷川博己さんのノーブルな印象と、少しこだわりの強そうなイメージがまんま萬平さんにピッタリ!と思わせる役柄でしたね。

8位:千葉雄大:わろてんか(藤岡新一 役)

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

吉本興業が創立するまでの大阪を、主人公・藤岡てん(葵わかな)とその夫の視点を通しユーモアたっぷりに描いた作品。千葉雄大はてんの病弱な兄・藤岡新一を演じた。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2017年10月2日〜2018年3月31日
出演 葵わかな 松坂桃李 濱田岳 千葉雄大 広瀬アリス
脚本 吉田智子

選んだ理由紹介

・儚いけど強い

真面目で優しいのに意志が強くて本当に素敵な役でした。それなのにたった2週間の出演でナレ死という、今だに辛いけどとてもハマり役だったと思います。(ひまわりさん)

・千葉くんだからこそ

役柄にとてもあっていて魅了されました(まやさん)

放送から第二週で息をひきとってしまう……というキャラクターながら、てんに「人生はつらいからこそ笑いが必要だ」と教えてくれる重要な人物でもありました。病弱ながら大きな優しさを持ったお兄さんに涙です。

9位:田中圭:おひさま(須藤春樹 役)

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

長野県安曇野を舞台に、戦中に嫁いだ蕎麦屋での出会いや教師という職業を通じ、人との繋がりを深く知っていく主人公・丸山陽子(井上真央)。田中圭は陽子の兄・須藤春樹を演じた。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2011年4月4日〜2011年10月1日
出演 井上真央 高良健吾 満島ひかり マイコ 田中圭
脚本 岡田惠和

選んだ理由紹介

・家族思いなキャラクター!

途中で亡くなってしまうけど、ヒロインの優しい兄の役が素敵でした。(きなこもっち)

・これぞロス…

春樹兄さんの聡明さ優しさに夢中になりました。亡くなってしまい悲しかったです(かずさん)

田中圭さんが演じた春樹は、長男として陽子や他のきょうだいの模範となるように生きた立派なお兄さんでした。切ない恋心を抱えたまま戦争へと向かう姿がとても印象的です。

10位:佐藤健:半分、青い(萩尾律 役)

佐藤健

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

佐藤健はヒロイン・鈴愛の幼馴染で運命の相手、萩尾律を演じた。

選んだ理由紹介

・見守ってくれる優しさ

溢れ出すさわやかさとゆるさ、頭脳明晰なところが話し方やしぐさにぴったりでした。すずめちゃんを想う気持ちがあるけれどそれを表に出さず心の中で想い、でもそばで見守り、いざという時は助ける。佐藤さんの優しさがぴったりです。(hirop00h28さん)

・受けのお芝居

演技が素晴らしかったです。時代にあってそうな演技をしていて作品に入り込めました。ナチュラルな演技が周りの演者さんも引き立て相乗効果だったとおもいます。熱がこもった素晴らしい演技だったと見てて思いました。(麺なしラーメン)

鈴愛と律はお互いを想い合いながらも色々な事情によりすれ違いが続いてしまう切ない関係でした。しかし、想像力豊かな鈴愛をやさしく見守る眼差しが、佐藤健さんの魅力を引き出していましたね。

11位:綾野剛:カーネーション(周防龍一 役)

綾野剛

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

日本を代表するデザイナー・コシノ姉妹の母をモデルとし、大正〜昭和の時代に女性が身にまとう“洋服”に情熱をそそいだ小原糸子(尾野真千子)の生涯を描く。綾野剛演じる周防龍一は、糸子との道ならぬ恋に落ちる青年である。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2011年10月3日〜2012年3月31日
出演 尾野真千子 夏木マリ 小林香織 星田英利 綾野剛
脚本 渡辺あや

選んだ理由紹介

・ドキドキさせられた!

プラトニックな愛が最高だった!!!クールで、哀愁漂いつつエロさが爆発していて、本当に大好きでした。(KIMIXさん)

・綾野剛さんだからこそ

繊細そうな頑固そうな、切ない感じ。糸子(ヒロイン)の夫とは真逆の雰囲気をすべて兼ね備えているので、あの糸子が道ならぬ恋をしても仕方がないという説得力がある。なし崩し的に世話になっておきながら糸子から離れるところまで含めてリアルでハマり役だった。(rydnさん)

チャキチャキとした糸子が思わずしおらしくなってしまうほど、ミステリアスな魅力に溢れた周防さん。綾野剛さんが元々もっている雰囲気も相まって、ドキドキするような2人の関係を魅せてくれました。

12位:吉沢亮:なつぞら(山田天陽 役)

吉沢亮

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

戦災孤児の奥原なつ(広瀬すず)は、小さな頃から絵を描くことが大好き。養女として育った北海道の大地からパワーを受け、東京でアニメーターの道を目指す。なつと同じく絵に対する情熱をもった青年・山田天陽を演じたのは吉沢亮。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2019年4月1日〜9月28日
出演 広瀬すず 松嶋菜々子 藤木直人 草刈正雄 中川大志
脚本 大森寿美男

選んだ理由紹介

・天陽くんは

芸術家で一途な面もある素敵な青年でその短命な儚さも演じていた吉沢亮さんはとてもよかったと思いました。あれほど陽の光が似合う人はいないと思いましたし、天陽くんを映す重要なひとつひとつのカットがとても美しく映っていてよかったです。(shocla14)

・もっと見ていたかった

独特の役柄だったにも関わらずとても深く印象に残った。東京に上京するまでのなつにとても大きな影響を与えた人物だと感じ、若くして亡くなっていなかったらどんな人生と今後の関係があっただろうと思わせられる内容だった。(pinkpearlさん)

なつがアニメーターになるきっかけともなった人物・天陽くん。最期の瞬間まで美しく、なつへの気持ちを秘めていた姿も視聴者の心を打ちました。

13位:草刈正雄:なつぞら(柴田泰樹 役)

草刈正雄

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

草刈正雄は、ヒロイン・なつの義理の祖父である柴田泰樹を演じた。

選んだ理由紹介

・最初は怖かったけど

最初は非常に怖い感じの役でしたが、回数を重ねるほどに、(なつ)に対して愛情がにじみ出る演技が大変素晴らしかったです。自分の本当の孫と分け隔てなく接し、本当の孫以上に(なつ)のことを大事に育てている姿が素晴らしかったです。(jpkazuさん)

・積み重ねられたお芝居の素晴らしさ

主人公なつが、幼少期から成人していきアニメーターになり、そして結婚して子供を作り家庭を持っていくまでの祖父としての感情の変化、なつへの対応の仕方などその時々に見せるじいちゃんとしての演技がとても感動的で何度も熱くなりました。(shujaco3969さん)

子供時代のなつに、いつか働くことが報われる日を説いたシーンや、合同結婚式でなつに「ありがとう」と涙する姿に、思わず見ているこちらも感動!そんな喜びを味わわせてくれたキャラクターでした。

14位:玉山鉄二:マッサン(亀山政春 役)

マッサン玉山鉄二

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

大正時代。まだ国際結婚が珍しかったころに結ばれたエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)と亀山政春(玉山鉄二)。酒屋生まれのマッサンがウイスキー作りを完成させるまでを描く。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2014年9月29日〜2015年3月28日
出演 玉山鉄二 シャーロット・ケイト・フォックス 相武紗季 堤真一 風間杜夫
脚本 羽原大介

選んだ理由紹介

・ヒロインを支えた演技

エリー役のシャーロットさんの演技力に注目がいきがちですが、彼女の良さを引き出した影の名役者こそ、主人公を演じた玉山鉄二だと思います。彼の演技には、日本人男性らしい凛とした威厳と気品があり、明るく奔放なシャーロットさんの演技と上手く噛み合っていました。(ぽっぽ2525さん)

・凄みがあった

彼のはっきりした顔立ちが良かったと思う。だからこそ、やたら怒鳴ることが多いまっさんだったけど、迫力ある(緊迫感のある)演技につながっていた気がする。(Ryochin13さん)

不器用だけど熱い男・マッサン。クールなイメージのあった玉山鉄二さんの無骨なお芝居が見事ハマっていました。エリーとの別れのシーン……お手紙のところはお二人のアドリブだったそうです。

15位:窪田正孝:花子とアン(木場朝市 役)

引用:https://www.nhk-ondemand.jp/

「赤毛のアン」の日本語訳を出版するため、奔走するヒロイン・安東はな(吉高由里子)の半生を描く。はなに恋心を抱く幼馴染・木場朝市を窪田正孝が演じた。

ドラマ詳細

NHK 月〜土8:00〜8:15
放送 2014年3月31日〜9月27日
出演 吉高由里子 伊原剛志 室井滋 鈴木亮平 各県と 黒木華 窪田正孝
脚本 中園ミホ

選んだ理由紹介

・感情移入した

一途な気持ちがヒシヒシと伝わってきて、応援したくなった(ありかさん)

・叶わない恋だったけど

一途に花子を思い可愛かった(ナヨナヨさん)

好きなのに気持ちを一度も伝えられないままの朝市が切なかったですね。窪田正孝さんのシャイで一途な姿に視聴者も心を動かされたのではないでしょうか。

まとめ

やはりヒロインとの強い結びつきを感じさせたり、暖かい友情や家族愛で繋がっている役柄のランクインが多かったですね。

朝ドラをきっかけに人気俳優へとブレイクした方も少なくありませんので、今後もどんな役者さんが朝ドラで輝くのか?楽しみにチェックしていきたいと思います。

TVログでは俳優&女優・ドラマに関するアンケートを「公式Twitter」で実施!

TVログでは、TVマガの記事に掲載するためのアンケートをほぼ毎日実施しています!

「鬼滅の刃実写化するなら誰?」「いいパパ&ママになりそうな俳優・女優は?」「恋人にしたい、結婚したい、ワンナイトしたい俳優は?」etc.

「TVログ/TVマガ公式」Twitterはこちら

フォローして推しの俳優を応援しよう!

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が発信するWEBマガジンです。今注目の俳優・女優、話題のドラマのランキング、著名なライターによる定期コラムなどドラマに関する情報をお届けしています。

よく読まれている記事