カテゴリ一覧

TVログバナー

「ボス恋」無料の見逃し動画配信は?あらすじ・見どころ・感想・視聴率も紹介!

#玉森裕太 #上白石萌音 #菜々緒
2021年2月26日 by

国民的大ヒットとなった「恋はつづくよどこまでも」から1年。TBS火曜10時枠に上白石萌音さんが帰ってきました!「恋つづ」スタッフが再結集し、上白石さんが主演のドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」が1月12日(火)夜10時からスタート。

人並な幸せを望む主人公・鈴木奈未が超ドSの女性鬼編集長の雑用係に任命され、多忙な日々を送ることに。そんな中、子犬系イケメン御曹司のカメラマンやツンデレ編集者と胸キュンの出会いもあり、平凡女子の奈未が仕事に恋に振り回されながら成長していくお仕事ラブコメディ。

そんな「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」を無料見逃し配信で見る方法、キャスト、各話のあらすじ、見どころ、感想を紹介します。

引用:https://twitter.com/bosskoi_tbs

【ボス恋】1話〜最新話まで無料で見れる、見逃し動画配信はある?

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」を見るならParaviがおすすめ!

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」はParaviで動画配信されています。Paraviでは国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々な番組を視聴でき、特にTBS系やテレビ東京系の作品が多く揃っています。

TBS系列・テレビ東京系列で放送された作品のほとんどはParavi独占配信のため、TBS・テレ東の番組が見たい方は、迷わずParaviで視聴するのが良いでしょう。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」を見るならParaviがおすすめ!
今なら初回2週間無料トライアル!
2週間以内に解約すれば、
無料で見られます!
解約の手続きもカンタン♪安心して楽しめます!

【ボス恋】ドラマ情報、あらすじ、見どころ

TBSテレビ系 火 22:00~21:57
放送 2021年1月12日~
出演 上白石萌音 菜々緒 玉森裕太 間宮祥太朗 久保田紗友
脚本 田辺茂範

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」は動画配信サイト Paravi で見ることができます!

【ボス恋】あらすじ

地方の田舎町で生まれ育ち、夢もやりたいことも特にない平凡女子の鈴木奈未(上白石萌音)が主人公。東京で暮らす片想い中の幼馴染を追いかけるために上京。大手出版社の備品管理部の求人募集に応募するも、新設されたファッション雑誌編集部での採用に。24時間仕事モードの毒舌・冷徹な鬼編集長の宝来麗子(菜々緒)に振り回される地獄のような日々がスタート。運命的に出会った子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介(玉森裕太)や同僚のツンデレ編集者の中沢涼太(間宮祥太朗)らに支えられながら過ごすうちに「人並みに仕事をして普通の幸せを手にしたい」という奈未の気持ちがどんどん変化していく。

【ボス恋】見どころ

『恋はつづくよどこまでも』で初主演し、大ブレイクした上白石萌音さんが仕事も恋愛も「そこそこでいい」平凡女子・奈未役で主演。超多忙なファッション雑誌編集部で「人並みの幸せ」を願う奈未が仕事や恋に対して意識が変化し、成長していく姿が見どころのひとつ。

奈未に大きな刺激を与える鬼編集長・麗子役は菜々緒さん。最年少編集長という重責を背負い、プライドを持って働く麗子と奈未の関係性も見ものです。そして奈未と運命的な出会いをする子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介役は玉森裕太さん。クールでドライな先輩編集者・中沢涼太役は間宮祥太朗さん。奈未のまっすぐな心に惹かれていくイケメンたちとの胸キュンシーンは必見。麗子や編集部員たちのセンスあふれる華麗なファッションも見逃せません!

【ボス恋】第1話〜最終話のあらすじ・感想・口コミ

【ボス恋】第1話のあらすじ

【視聴率11.4%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

出版社の管理部配属予定が一変!ファッション雑誌編集部アシスタントに!?

鈴木奈未 (上白石萌音) は、「普通、人並み、安定が一番」を願う平凡女子。普通に結婚したいと片想いしていた幼馴染の日置健也 (犬飼貴丈) を追いかけて上京する。安定志向の奈未は大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人に応募。思わぬアクシデントに見舞われるが偶然出会った潤之介 (玉森裕太)の助けもあり、見事採用。

奈未は出社初日に上司の半田進 (なだぎ武) から備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部での採用を聞いてパニックに。数々の有名誌を手掛けるカリスマ・宝来麗子が編集長を務める「MIYAVI」の編集部で働くことになる。メンバーはカルチャー誌から来た中沢涼太 (間宮祥太朗) やファッションエディターを目指す和泉遥 (久保田紗友) ら野心のある精鋭ばかり。奈未は麗子の雑用係に任命され、朝から晩までタクシーなどの手配、大量の荷物運びなどでこき使われる。自分が望む安定した仕事とはかけ離れていると悩む奈未に健也から誕生日パーティーのお誘いが。しかしそこには健也の婚約者がいて…。

失意の奈未の前に潤之介が現れ、バイクで海に連れ出す。夕暮れの海辺で過ごしていると同僚の遥から電話が。翌朝の表紙撮影で使用するバラが用意できていないという。麗子自ら調整した撮影だけに延期はできない。そこで奈未はツーリング中に見かけたバラ園の看板を思い出し、現地での撮影をメンバーに提案。翌朝奈未と涼太がバラ園に撮影許可を取りに訪れるが渋るオーナー。そこに麗子が現れ、なんとオーナーに土下座をする。麗子の土下座の効果は!?そして、潤之介から「俺の彼女になってほしいんだけど」と言われ、紹介された姉は驚愕の人物で…。

【ボス恋】第1話の感想・口コミ

【ボス恋】第2話のあらすじ

【視聴率11.3%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

ピンチ!奈未のついた小さなウソのせいで、コラボ企画が白紙に…どうなる?

母からの見合い話を断るために潤之介 (玉森裕太) は鈴木奈未 (上白石萌音)に彼女の振りをお願いする。紹介された姉は鬼上司の宝来麗子(菜々緒)だった。麗子の矢継ぎ早の質問にふたりはしどろもどろ。いろんなウソをつき、奈未はけん玉が得意だと言ってしまう。翌日、創刊号の企画会議で中沢涼太 (間宮祥太朗) が提案した漫画家とのコラボ企画が採用される。麗子は人気漫画家・荒染右京(花江夏樹)を指名。けん玉好きだという荒染との交渉に奈未と半田進 (なだぎ武)が任された。奈未はけん玉の練習をするも途中で寝てしまい、荒染宅で披露するも失敗。コラボ依頼は断られてしまう。奈未が麗子に交渉未経験の自分に任せた責任を問うと「努力するのを逃げてるだけ。人並みの責任を取って」と言い放つ。

奈未はけん玉の練習に打ち込み、作品を読み込んで再度荒染宅へ。先日の失礼を詫び、荒染に改めてけん玉を披露。また自分なりの感想を言って丁重に謝罪した。編集部に戻ると荒染から依頼受諾の連絡が。奈未は潤之介に彼女の振りをやめたいと切り出す。本当の彼女になれるかもと浮かれた自分に嫌気がさしたのだ。潤之介は別れの握手をしながら「さみしいな」とつぶやく。

麗子は奈未をとあるパーティーに誘う。華やかなパーティー会場で麗子は奈未を「けん玉チャンピオン」と来場者に紹介。奈未にけん玉を披露するように指示するが…。これは麗子が高額な広告料を取るために仕組んだ作戦だった。奈未は撮影現場に向かう途中で潤之介に遭遇。「会いたかったんだ。奈未ちゃんに…。俺のこと好き?」と聞いてきて…。

【ボス恋】第2話の感想・口コミ

【ボス恋】第3話のあらすじ

【第3話 世帯平均視聴率 11.0%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

「MIYAVI」編集部が激震!麗子VS編集部員 辞めるのはどちらかの二者択一に!

奈未 (上白石萌音)は潤之介 (玉森裕太) から「俺のこと好き?」と言われ、さらに自身の写真展の案内状も渡されて戸惑う。「MIYAVI」編集部では創刊号の校了が1週間後に迫っていた。そんな中で編集長の麗子 (菜々緒)が急遽モデルで柔道家の瀬尾光希のインタビュー特集を別の人物に差し替えるように指示。光希特集担当の中沢 (間宮祥太朗) は納得がいかず「もう編集長にはついていけない」と言い出す。他の編集部員も不満を爆発させ、麗子が辞めるか編集部員が辞めるかでもめてしまう。

奈未は中沢から光希への取材は長年温めていたものだと聞く。奈未が改めて麗子に光希のインタビュー差し替えについて異議を唱えると、光希は了承しているという。麗子は撮影時に光希が肩に違和感を覚えていることに気づいていた。光希は父の記録に並ぶ7連覇がかかる選手権でカムバックできない状態だった。そんな状況で「MIYAVI」の取材を受けたことを悔いていたという。

記事はカムバックする光希に期待を寄せる内容。麗子は光希が周囲の期待に応えるため、自分を追い込む性格を見抜き先手を打っていた。光希の選手生命を守るために。中沢は光希への配慮が欠けていたことを認め、差し替え作業に力を注ぐ。創刊号は無事校了し、奈未は潤之介の写真展へ足を運ぶ。奈未が会場を出た後に到着した潤之介は奈未を探しに雪が降る街の中へ。奈未を見つけた潤之介はそっとおでこにキスをして…。

【ボス恋】第3話の感想・口コミ

【ボス恋】第4話のあらすじ

【第4話 世帯平均視聴率 11.6%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

鬼編集長の過去を知る人物が登場!潤之介には一途に想う女性の存在が…。

「MIYAVI」創刊号が発売され、奈未(上白石萌音)は喜びにひたる。奈未は同僚に誘われ、有名ブランドのレセプションパーティーへ。そこで麗子は元上司でファッション業界のトップ、クリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコ(高岡早紀)と再会する。10年前に麗子はジンコのアシスタントとして撮影のディレクションなどを学んでいた。その縁でジンコは次号の「MIYAVI」で特集ページを担当することに。

奈未がジンコのもとを訪れるとスタッフたちが和気あいあいと仕事をしていた。その様子をうらやむ奈未にジンコは特集企画の手伝い、そして副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との会食のセッティングを頼む。あくる日、遥(久保田紗友)からグランピングに誘われる奈未。他のメンバーは潤之介のアシスタント尾芦(ミキ亜生)。遥が好意を寄せる中沢(間宮祥太朗)にも声を掛け、4人で出かけることに。しかし、当日尾芦が体調を崩して潤之介が合流する。奈未は潤之介からグランピング終わりで星を見に行こうと誘われる。しかし、ジンコのスタッフからトラブル発生の連絡が。

撮影当日、ジンコは激怒。そこへ麗子がやってきて、撮影のディレクションをし始める。それは有名になる前にジンコが行っていた手法だった。ジンコは自分の言動を反省し、麗子に感謝する。そして再婚すること、元夫の宇賀神を頼むと告げる。奈未は尾芦から潤之介が一途に想っている女性がいることを聞く。ふたりで星を見に行く約束をしていたが、大雨。奈未は待ち合わせ時間よりもだいぶ遅れて行ってみると、ずぶ濡れの潤之介が。奈未は思わず、潤之介にキスをして…。

【ボス恋】第4話の感想・口コミ

【ボス恋】第5話のあらすじ

【第5話 世帯平均視聴率 10.8%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

恋にうつつを抜かして奈未が仕事で大失敗!潤之介が想いを寄せる幼なじみが登場!

ずぶぬれの潤之介 (玉森裕太) を自分のアパートに連れて帰ってきた奈未 (上白石萌音)。潤之介が突然「奈未ちゃん、好きだよ」ともたれかかり、そのまま眠ってしまう。奈未は出版社の社内報に掲載する「MIYAVI」の紹介記事作成担当に立候補する。麗子(菜々緒)に潤之介との関係を認めてもらうためだ。

さらに奈未は多忙な遥 (久保田紗友)の代わりに中沢 (間宮祥太朗) が担当する対談企画で使う、ヴァイオリニスト・蓮見理緒 (倉科カナ) のドレスを取材場所に届けることに。衣装をスタイリストに渡した後、奈未は理緒からランチに誘われ、「好きな人からつきあってと言われていない」と恋の相談をする。そこへ潤之介 (玉森裕太)からカニをおすそわけしたいと連絡が。奈未は理緒のアドバイスどおり、潤之介宅で「つきあおう」という言葉を引き出そうとするがうまくいかない。

理緒の対談用の衣装が届いていないとの連絡が。奈未が別の編集部が手配したスタイリストに渡してしまったのだ。なんとか衣装がある場所へたどり着くも山村紅葉が着用していた。奈未が山村に別の衣装に着替えるよう説得していると麗子が現れる。山村が欲しいと言っていた衣装を持参してピンチを乗り切り、「遥は片手間で仕事をしない」と奈未に告げて去る。中沢のフォローを受けながら社内報作りに全力で向き合い完成させる。麗子チェックも通り、奈未は理緒の取材へ。そこへ現れた潤之介に「久しぶり、潤ちゃん」と理緒が声を掛け…。

【ボス恋】第5話の感想・口コミ

【ボス恋】第6話のあらすじ

【第6話 世帯平均視聴率 11.8%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

奈未がついに潤之介の彼女に!しかし、理緒と潤之介が抱き合う姿を目撃してしまい…

奈未 (上白石萌音) と麗子 (菜々緒) はとあるパーティで麗子の父・宝来勝之介 (宇梶剛士) と遭遇する。勝之介は麗子に新谷 (細田善彦) という若手実業家の男を紹介してきた。あくる日、奈未の自宅に理緒 (倉科カナ)がやってきて、奈未が潤之介との関係を打ち明ける。理緒は応援すると言い、潤之介との馴れ初めや別れについて語った。「MIYAVI」の撮影現場に潤之介がカメラマンとして現れ、スタッフたちに奈未を彼女だと紹介。奈未はようやく認められたことに大喜びする。

音羽堂出版では次々と雑誌の廃刊が決まり、麗子 (菜々緒)もの販売部数が伸びずに気をもんでいた。そこに新谷から次号の「MIYAVI」で広告を掲載したいと相談が。麗子に現在決定済みの広告を断るように、競合企業広告に起用しているモデルを外してほしいなど無理難題つきつける。廃刊の危機に瀕していることを知らない奈未は新谷の申し出に反論してしまい…。

麗子は「『MIYAVI』を守らなくてはならない」と言い残し、新谷と打ち合わせへ。ほどなくして麗子は奈未のもとへ戻り、新谷の申し出を断ったと報告。そして「何を守るべきが教えてくれてありがとう」と奈未に礼を言った。麗子に褒められたことを潤之介に報告したくてたまらない奈未は思わぬ光景を目にする。潤之介が理緒と抱きあっていたのだ。失意の中、奈未が編集部に戻って作業をしていると中沢(間宮祥太朗)が「俺、おまえのこと好きだわ」と突然想いを打ち明けて…。

【ボス恋】第6話の感想・口コミ

【ボス恋】第7話のあらすじ

【第7話 世帯平均視聴率 11.4%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

麗子がMIYAVIを救う新企画を立案!中沢の想いが届かず奈未と潤之介は家族公認の仲に!

九州から奈未 (上白石萌音)の家族が上京。アパートに歯ブラシが2本並び、男性用の下着を見つけて奈未に彼氏が出来たことを喜ぶ。そこに潤之介 (玉森裕太) が現れ、奈未は理緒(倉科カナ)と抱き合っていたところを目撃したと責めて追い返す。奈未が仕事に行っている間、潤之介が奈未の恋人であることを家族が確認。みんなで東京観光へ行き、家族から感謝される。

廃刊の危機に瀕しているMIYAVI。麗子 (菜々緒) は奈未 (上白石萌音)に長野の化粧品メーカーに商談に同行するように命じる。約束の時間になっても麗子は来ず、磯辺社長 (近藤芳正)はイライラ。そこへハイブランドとの交渉を終えた麗子が現れ、MIYAVIと磯辺とハイブランドとのコラボコスメを作ることを提案する。中沢 (間宮祥太朗) や遥 (久保田紗友) ら編集部メンバーもコテージの取材で長野を訪れていた。奈未は商談を終えて合流する。

帰り際に潤之介からもらったブレスレットをなくしてしまう。編集部員たちを先に帰して探す奈未を中沢が手伝う。ブレスレットが見つからず、終電を逃して長野に1泊することに。中沢が宿を手配するも1室しかなく、奈未を宿泊させて中沢は別の宿へ。しかし、中沢は夜を徹してブレスレットを探していた。潤之介は街で偶然出会った編集部員から奈未と中沢が長野で終電を逃したことを聞く。バイクを長野まで走らせ、翌朝奈未のもとへ。そこへブレスレットを探し出した中沢が…。

【ボス恋】第7話の感想・口コミ

まとめ

上白石萌音さん主演の「ボス恋」こと「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のあらすじ、見どころ、感想をご紹介しました。上白石さん、そして「恋つづ」スタッフが火曜10時枠に再結集して作られている今作。上白石さん演じる奈未とイケメンたちとの胸キュンシーンが満載です!ぜひラストまで追いかけてくださいね!

【ボス恋】1話〜最新話まで無料で見れる、見逃し動画配信

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」は動画配信サイト Paravi で見ることができます!

オリジナルストーリーも放送中!

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が発信するWEBマガジンです。今注目の俳優・女優、話題のドラマのランキング、著名なライターによる定期コラムなどドラマに関する情報をお届けしています。

よく読まれている記事