カテゴリ一覧

TVログバナー

330人が投票!林遣都の”ハマり”役ランキングベスト8!1位はおっさんずラブ牧凌太?

#林遣都
2020年9月26日 by

2007年の映画「バッテリー」で主演デビューして以降、多彩な役を演じ、観る人を魅了してきた林遣都さん。まだどこか幼さを感じさせることもある端正な容姿、役になりきるというより、その役として生まれたような自然な演技。天性の俳優と言える彼の「ハマり役」を330人に投票してもらいました。

引用: NETFLIX

<プロフィール>

名前:林遣都(はやし・けんと)
生年月日:1990年12月6日
出身地:滋賀県
血液型:O型
趣味、特技:野球、書道
所属:スターダストプロモーション

林遣都の”ハマり”役1位:牧凌太「おっさんずラブ

テレ朝深夜ドラマが異例の大ヒット。映画化もされた「おっさんずラブ」の牧凌太が1位。牧は、主人公の春田(田中圭さん)に恋するパーフェクトな後輩。強引にキスしたかと思えば、春田を取り合って黒澤部長(吉田鋼太郎さん)と口喧嘩したり、春田を思って身を引いたり…恋している姿がかわいすぎる!と林さん人気が爆発した役です。

おっさんずラブ:ドラマ情報

テレビ朝日 土23:15〜00:05
放送 2018年4月21日〜6月2日
キャスト 田中圭 吉田鋼太郎 林遣都 内田理央 金子大地 伊藤修子 児嶋一哉
脚本 徳尾浩司
主題歌 スキマスイッチ 「Revival」

牧凌太:口コミ(レビュー)紹介

「本当に春田さんを好きなのが表情から伝わってきた。しっかり者にみえてすねたり怒ったりする姿もキュートだった」(TAKUMU)

「見事に視聴者を引き込んで、実在する人物かと思わせるほど、その性格設定、生きざまを、自分に憑依させ、視聴者の心を鷲掴みに。色んな役を生きてきた彼の集大成を見せられた。で、最後に作品のキーパーソン必然的になってしまって、ヒットに繋がったから」(ひぽぽ)

全部の感情や表情がリアルで、林さんの演技あっての「おっさんずラブ」大ヒット。牧春・春牧は永遠です!

「おっさんずラブ」は動画配信サイト Amazon Prime Video で見ることができます!

林遣都の”ハマり”役2位:徳永太歩「火花

引用: NETFLIX

又吉直樹さん原作の「火花」で、主人公の徳永役を演じた林さん。売れないお笑いコンビ「スパークス」の徳永は、ある日天才肌の先輩芸人・神谷(波岡一喜さん)と出会う。売れたくてもがき、売れたと思ったらすぐに落ちる。繊細で、不器用。生きづらさを抱えた徳永の10年を演じた林さんに「ドラマというよりドキュメンタリー!」というコメントもあったほど。

火花:ドラマ情報

Netflix 配信 2016年6月3日
キャスト 林遣都 波岡一喜 小林薫 田口トモロヲ 染谷将太 山本彩 西岡徳馬
脚本 加藤正人
主題歌 OKAMOTO’S 「BROTHER」
原作 又吉直樹 「火花」

徳永太歩:口コミ(レビュー)紹介

「火花は私が林遣都さんのお芝居に堕ちたきっかけの作品です。全部ハマり役ですが中でも徳永は別格で、本当にそこに実在していると思ってしまうような不思議な存在。林遣都さん本人と徳永は似ている部分も多く、そこも含めて全てが愛おしいです。とにかく全人類に観てほしい!」(ぷー)

「芸人として売れたいと言う想いで踠きながら、業界に馴染めず、お偉いさんに媚びることも出来ず、自分の笑いへのスタイルも崩す事が出来ずに、傷付く青年。あのナイーブさを醸し出せる俳優は林遣都さんしかいません。喋り方、立ち居振る舞い、全てが火花の徳永そのものでした」(YUKA)

ラストの漫才は圧巻!徳永という人物の終わらない伝記を観ているような感覚に陥ることができます。

「火花」は動画配信サイト NETFLIX で見ることができます!

林遣都の”ハマり”役3位:中島保「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子

波瑠さん主演の刑事ドラマ。林さんは心療内科医として、受刑者の面談を行いつつ、犯人像のプロファイリングを担当する。過去の出来事からトラウマを抱え、いつしか自分自身が犯罪に手を染めるようになる。正義感が歪んだものになっていく、心優しいからこそ犯罪者を許せなくなる…そんな二面性をリアルに演じていました。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子ドラマ情報

関西テレビ 火22:00〜22:54
放送 2016年7月12日〜9月6日
キャスト 波瑠 横山裕 渡部篤郎 原田美枝子 三浦貴大 篠田麻里子 山中崇
脚本 古家和尚
主題歌 [Alexandros] 「Swan」
原作 内藤了 「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ

中島保:口コミ(レビュー)紹介

「回を重なるごとにどんどん引き込まれ、中島先生の眼差し、立ち振舞い全てが胸に刺さりました。今でも思い出すと胸がギューってなります。ドラマだということを忘れてしまうくらい、実在する人物だと勘違いしてしまうくらいの存在でした。中島先生大好きです」(もち)

「優しさと繊細さと、いい人間だからこそ持っている微かな狂気のようなものを見事に表現している」(むぎちゃん)

優しさが狂気に変貌する様が切なくて美しすぎる!ギリギリの正気と狂気がせめぎ合う姿は必見です。

林遣都の”ハマり”役4位:日向紀久「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.

引用: Hulu

男たちの友情と熱い戦いを描いた「HiGH&LOW」シリーズ。林さんは「復讐の壊し屋一家」と恐れられる達磨一家の頭である日向を演じました。喧嘩や祭りが好きな性格で、死んでも構わないという覚悟とカリスマ性を兼ね備えている人物で、繊細な好青年役のイメージが強い林さんのイメージを一新。剥き出しの野生のような凶暴性は、ファンを驚かせました。

HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~ドラマ情報

日本テレビ 水 深夜1:29〜1:59
放送 2015年10月21日〜12月23日
キャスト AKIRA 青柳翔 TAKAHIRO 登坂広臣 小泉今日子 YOU 林遣都
脚本 Team HI-AX
主題歌 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「MUGEN ROAD」

日向紀久:口コミ(レビュー)紹介

「他の役と別人に見える。階段下のドロップキックやバンジージャンプが格好いいのと演技力のすごさ。他の役と別人にみえる。和風ギャングいいです」(うまる)

「屈強な輩達をそのカリスマ性で惹き付ける様が美しかった。鬼気迫る乱闘シーンに狂喜の笑い声。すべてが絵になる」(優子)

狂気が宿った目がまるで炎のようで惹きつけられる!林さんには珍しいアクションシーンにも注目。

「HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」は動画配信サイト Hulu で見ることができます!

林遣都の”ハマり”役5位:伊豆見翔人「しゃぼん玉

引用: Amazon Prime Video

親に見捨てられた伊豆見は、女性や老人ばかりを狙って強盗障害を繰り返す犯罪者。ある日逃亡先でスマという老婆(市原悦子さん)に出会い、段々と人間らしい感情を取り戻していく過程を描いた作品。当初の荒んだ表情から、心境の変化で目の輝きが変わっていく…林さんの繊細な演技がこれでもかというほど堪能できます。

しゃぼん玉:映画情報

出演者 林遣都 市原悦子 藤井美菜 相島一之
監督・脚本 東伸児
公開日 2017年3月4日
原作 乃南アサ 「しゃぼん玉」
主題歌 秦基博 「アイ(弾き語りVersion)」

伊豆見翔人:口コミ(レビュー)紹介

「変わっていく過程が本当にリアル。罪を犯してもなんとも思わない闇をかかえた青年から、スマおばあちゃんや村の人たちと触れあって罪の重さに気づき、あたたかい気持ちが芽生えてくるまでの過程が本当にリアルに伝わり、観ているこちらも苦しくなるほど。ラストは毎回、号泣してしまいます」(なぎさ)

「伊豆見の劇的であり、繊細な変化、表情をあれほどまでに表現できるのは林遣都さんだけだと思います」(とろろ)

伊豆見の人生を雄弁に語る目の演技。頑なな心が田舎町で解けていく様は、涙を誘います。

「しゃぼん玉」は動画配信サイト Amazon Prime Video で見ることができます!

林遣都の”ハマり”役6位:原田巧「バッテリー

天才ピッチャー・原田巧と、彼の球に魅了されたキャッチャー・永倉豪が最強のバッテリーとして成長していく姿を描いた青春野球映画。林さんのデビュー作にして、普及の名作。野球部で培った持ち前のピッチングフォーム、初々しくものびやかな演技は、これからの素晴らしい俳優人生を感じさせるものになっています。

バッテリー:映画情報

出演者 林遣都 山田健太 鎗田晟裕 蓮佛美沙子
監督 滝田洋二郎
脚本 森下直
公開 2007年3月10日
原作 あさのあつこ 「バッテリー」
主題歌 熊木杏里「春の風」

原田巧:口コミ(レビュー)紹介

「もともと原作が大好きだったのですが、実写で見た瞬間に、自分の頭の中のイメージにピッタリすぎて彼しかいないと思った。眩しいくらい美しかった」(ちゃんこ)

「原作のイメージにピッタリ!こんなに引力の強い魅力的な人を演じれる人がいるのか?と思いながら映画館に行って、冒頭ランニングシーンで「巧がいる……!巧が生きてる……!!!」って感動で涙があふれました。原田巧の魅力、オーラ、空気感を表せるのは林遣都以外にいない!と思います」(友美)

二人の恋愛や周りを取り巻く人達を通して、誰かを愛することで、人は強くなり、優しくなれると思わせてくれる作品です!

林遣都の”ハマり”役6位:大野信作「スカーレット

引用: NHKオンデマンド

戸田恵梨香さん主演の朝ドラ。戸田さん演じる喜美子の幼なじみ。大人しい性格でしたが、喜美子が大阪から戻ってくるころには家の外ではおしゃべりでお調子者というキャラ変を遂げています。林さんではあまり観られないコミカルな役柄で、表情が豊かで、哀しいことも多いドラマの中で、清涼剤のような役割になっていました。

スカーレット:ドラマ情報

NHK 月〜土8:00~8:15、再12:45~13:00
放送 2019年9月30日〜3月28日
キャスト 戸田恵梨香 北村一輝 富田靖子 大島優子 林遣都 松下洸平 福田麻由子
脚本 水橋文美江
主題歌 Superfly 「フレア」

大野信作:口コミ(レビュー)紹介

「林遣都さんにしか出せないあの空気感がとても好きです。ふだんのご本人とのギャップもあり愛されキャラだなぁと思いました」(ゆき)

「重くなりがちな作品の中で、コミカルな役割をきっちり演じ切って絶大な存在感を残したところ。10代~40代まで違和感なく可愛くカッコよく演じてて、ハマり役だったと思います」(とら)

気弱で憎めない愛されキャラ。顔芸とコミカルな動作は視聴者に笑顔と癒しを届けました。

「スカーレット」は動画配信サイト NHKオンデマンド で見ることができます!

林遣都の”ハマり”役8位は?

8位:シュガ「精霊の守り人」
8位:魚屋ミュージシャン「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
8位:国森信一「チェリーボーイズ」
8位:若林ケント幸太郎「京都人の密かな愉しみ Blue修行中」
8位:蔵原走「蔵原走」
8位:矢沢圭「レジデント〜5人の研修医」
8位:涼「カラマーゾフの兄弟」

まとめ

林遣都さんのハマり役ベスト8をお届けしましたが、多かったコメントが「どれもハマり役」「ハマっていない役はない」というものでした。どんな役にもなりきり、「林遣都」ではなく別の人物になれる。それが役者・林遣都の凄みといえるでしょう。

2020年10月からは、有村架純さん主演・岡田惠和さん脚本のドラマ「姉ちゃんの恋人」に出演するので、こちらも楽しみにしましょう!

林遣都 人気作品ドラマを星評価

TVログでは、林遣都さん出演ドラマに星評価をつけることができます!よかったら評価をしてみてください!

この記事で紹介したドラマがみられる配信サイト

今回ご紹介したドラマの一部は、下記の配信サイトで見ることができます。

ABEMAプレミアム Hulu Amazon Prime Video

 

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が発信するWEBマガジンです。今注目の俳優・女優、話題のドラマのランキング、著名なライターによる定期コラムなどドラマに関する情報をお届けしています。

よく読まれている記事