2019年7月10日

300人に聞いた!キムタクが主演した歴代ドラマ、人気ランキング!ベスト20

国民的アイドルの枠を超え、俳優としても高い評価を得ている木村拓哉さん。2019年10月からスタートのTBS・日曜劇場では、フランス料理の天才シェフ役を演じることが決まっています。

俳優としては、1995年に放送された「人生は上々だ!」以降、「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」など、数々の記憶に残るドラマに主演されていて、大ヒット作もたくさんありました。
中でもどのドラマに人気が集まっているのか。300人にアンケートした結果をドラマのレビューとともに紹介します。

<プロフィール>
木村拓哉(きむらたくや)
出身地 神奈川
生年月日 1972年11月13日
血液型 O型
趣味&特技 サーフィン・料理・釣り
その他 ジャニーズ事務所所属

 

記憶に新しい作品も。人気のキムタク主演ドラマ1位~10位

1位:HERO

木村拓哉演じる中卒・元不良の検事、久利生公平と松たか子の演じる検察事務官・雨宮舞子との捜査活動を描いたドラマ。最高視聴率36.8%を記録し、大ヒットとなりました。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00 〜 21:54
放送 2001年1月8日〜2001年3月19日
出演 松たか子 大塚寧々 阿部寛 勝村政信 児玉清
脚本 福田靖 大竹研

レビュー紹介

・これまでと違うキムタクが見れた。

全体的にコメディタッチに演じられてたり、でも真面目な場面は出演している俳優さん皆キリッと格好良くて。ちょこちょこ挟まれる通販番組とその商品、それに関するエピソードなど毎回飽きないストーリー展開で大好きな作品です。雨宮と久留生は、男女的に結局どうなったのー!!と未だに気になっています。(まちこ)

・松たか子との関係性が良かった

連続ドラマも含め、特番もドラマの内容がドキドキしたりワクワクしたり、どちらの方に話が向かっているのだろうと考え、最初から最後まで目が話すことができないドラマでした。このドラマを見て、裁判所と弁護士の関係が分かったり、検事という仕事の内容も勉強できました。ヒューマンドラマだったと思います。(レイ)

・キムタクがとにかくかっこいい

木村拓哉さん演じる検事の久利生の型にはまらないところがすごくよくて、破天荒なのかと思いきや繊細さも持っていて、とにかくかっこいいです。それに、松たか子さん演じる事務官も久利生に振り回されながらも一生懸命に仕事をしていて、検事局のみんなも久利生がきて一緒に仕事をするようになってからだんだんといい方向に変わっていくところがよかったです。(きよたん)

ドラマとして楽しめるストーリー展開もたいへん良かったですが、仕事への向き合い方までも考えさせられる興味深い内容が、多くのかたの支持を得たのかもしれません。キムタクの魅力が一層高まった作品でした。納得できる1位作品と言えそうです。

2位:GOOD LUCK!!

木村拓哉が演じるのは、ANAの若手パイロット 新海元。ヒロインの航空整備士 緒川歩実役には、柴咲コウ。恋愛と仕事を交えた青春ストーリー。

ドラマ詳細

TBS 日21:00〜21:54
放送 2003年1月19日〜3月23日
出演 柴咲コウ 堤真一 黒木瞳
脚本 井上由美子

レビュー紹介

・一番印象的なキムタクドラマ

今までで一番印象に残っているキムタクのドラマです!何よりもパイロット姿のキムタクが最高にかっこいい!制服がとても似合うんです。相手役の柴崎コウさんも整備士役で素敵でお似合いのお二人でした。ストーリーも違和感なく、感情移入して楽しめる作品でした。(ナナ)

・キムタクの制服姿が最高でした。

この時のキムタクが個人的には一番カッコいいと思います。恋の相手は柴咲コウなのですが、自分に置き換えて毎回見ていました!もう、ドキドキです。キムタクのパイロットの制服姿、本当に最高です。(ブル)

キムタクと柴咲コウ、2人の掛け合いも良かったですが、航空業界への興味までもが湧く、好感度の高い作品でした。

3位:ビューティフルライフ〜ふたりでいた日々〜

木村拓哉演じる美容師 沖島柊二と、常盤貴子演じる車いす生活の図書館司書 町田杏子のラブストーリー。最高視聴率41.3%を記録しバリアフリーのワードを世に知らしめることになった作品。

ドラマ詳細

TBS 日21:00 〜 22:45
放送 2000年01月16日〜2019年03月26日
出演 常盤貴子 水野美紀 的場浩司
脚本 北川悦吏子

レビュー紹介

・キムタク主演ドラマの最高峰

キムタクが出演した数あるドラマの中でも、一番好きなドラマです。話自体もいわゆるトレンディドラマとは一線を画す内容であり、最終話に近づく頃には、涙をふくタオル持参で視聴していました。B’zの主題歌の歌詞とドラマの内容がリンクして、曲を聞くだけでもう泣けていました。(まお)

・感動した。

キムタクの「俺があんたのバリアフリーになるよ」は今思い出しても鳥肌が立ちます。

また常盤貴子が演じる杏子の「そういえばね、私考えたんだ。女の人はね。生まれる前は、神様に抱かれてるの。でね、生まれてきたら、お母さんに抱かれて、大人になったら、男の人に抱かれるの。それでね、死んじゃったら、また神様の腕の中に戻るの」のセリフは涙なしには聞けませんでした。(よっち)

女性が好む、切なさとキュンキュンが盛り込まれたドラマ。ラブストーリーの横道的な展開でしたが、ラストは何度見ても泣けてしまいます。

4位:ロングバケーション

結婚式をドタキャンされた山口智子演じる葉山南が、ひょんなことから木村拓哉演じるピアニストの瀬名秀俊と同居することになり、徐々に恋愛に発展していくラブストーリー。スペシャル版では27.8%の高視聴率を獲得した。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 1996年4月15日〜1996年6月24日
出演 山口智子 竹野内豊 稲森いずみ
脚本 北川悦吏子

レビュー紹介

・キムタク出世作

当時としてはかなり年齢差がある恋愛ドラマだ。年上のミナミを演じる山口智子との恋愛模様もハラハラするし、ミナミのセナとキスしにきたのセリフはしびれる。(なつみ)

・月9の恋愛ドラマと言えばこれ!

全盛期のキムタクはやっぱりかっこいいなー!山口智子もサバサバした女性役がハマってて、すごくお似合いの二人! 3階の窓からスーパーボールを落としてキャッチするシーンは、誰もが憧れたんじゃないかな。もう一度ドラマが見たくなっちゃった。何度みても色褪せないドラマ。(レイコ)

恋愛ドラマというと上位に入るであろう作品のひとつ。ロンバケと聞いて知らない方はいないほどのヒットぶりでした。折を見て見直したい、キュンキュンラブストーリーでした。

5位:プライド

アイスホッケーチームのキャプテンを務める里中ハル(木村拓哉)と選手との奮闘やOLとの恋愛模様を描いた作品。スポーツとラブストーリーを絡めた、珍しい設定のドラマです。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 2004年1月12日〜2004年3月22日
出演 竹内結子 坂口憲二 市川染五郎
脚本 野島伸司

レビュー紹介

・今までにない感じ!

スポーツ系のドラマはありましたが、アイスホッケーというものは見たことがなく、とても新鮮でした。円陣を組む時の掛け声、点数が入った時、勝った時、とても印象的でした。キムタクと竹内結子の恋愛も素敵でした。maybe ? must be! カッコ良すぎ!(あお)

・アイスホッケー姿がカッコいい

キムタクのアイスホッケー姿がとにかくたまらなくカッコいい!竹内結子さんとの恋愛シーンも毎週ハラハラドキドキしながら見ていた。また、ドラマに使われているクイーンの曲がドラマの雰囲気にあっていて流れるたびにテンション上がって兎に角キムタクのドラマの中でも一番ハマってしまった。(さくら)

あまりメジャーとは言えないスポーツ、アイスホッケーを設定に取り上げたのが新鮮なドラマでした。ストーリー展開も心地よく、熱い友情や大切な人への想い、繋がりがヒシヒシと伝わって、飽きずに楽しめた方が多かったよう。

6位:BG~身辺警護人~

平凡な保障会社の警備員、島崎章(木村拓哉)は、ひょんなことから身辺警護課へ移動に。島崎は新人として任務にあたるが、元は敏腕なボディーガードで徐々にそれが明らかになってゆく。武器を持たない民間警備会社を描いた人間ドラマ。

ドラマ詳細

テレビ朝日 木21:00〜21:54
放送 2018年1月18日〜2018年3月15日
出演 江口洋介 斎藤工 菜々緒
脚本 井上由美子

レビュー紹介

・山口智子との再共演は感動!

1番の印象に残った場面はロングバケーションで共演した山口智子さんが出演した回でした。元妻の役ですが昔の仲良かった頃の回想シーンはロンバケを彷彿させファンとしては最高の場面でした。ロンバケファンはぜひ見て欲しいです。(うさぎ)

・かっこいいパパ

キムタクがお父さん役ということで、思春期の息子とのやりとりで垣間見る表情が素敵でした。少しの表情の違いで、思っていることがわかるので、共感できる部分がたくさんありました!(マリー)

今までにないキムタクのキャスト設定に、新しい魅力を発見できたドラマでした。民間の身辺警護と警察の警護担当の違いまでも分かる、興味深い作品です。

7位:あすなろ白書

大学のサークル、あすなろ会を通じ、男女5人の間に起こる日々を描いた青春ドラマ。主人公 園田なるみを演じるのは、石田ひかり。木村拓哉が演じるのは、彼女に告白する一途な大学生 取手治。後ろから抱きつき、耳元で「俺じゃだめか?」とささやくシーンが話題になりました。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 1993年10月11日〜1993年12月20日
出演 石田ひかり 筒井道隆 鈴木杏樹 西島秀俊
脚本 北川悦吏子

レビュー紹介

・学生事情ア~懐かしぃ~!

新品の様なキムタクが本当に汚れを知らない少年と言う感じで、何と形容すればいいのか言葉も見つからない程美しい人だと、思いました。あのメガネもよくお似合いで聡明な印象を受けました。(タカママ)

・初々しいキムタクが素敵

このドラマはキムタクが注目されるきっかけになったドラマだったと思います。あのキムタクが恋愛に苦戦するなんて?とても珍しい役柄なのでキムタクのせつなそうな顔がたくさん見れてファンにはたまらないドラマでした。(ねー)

主役ではありませんでしたが、木村拓哉さんの人気を急上昇させたともいえる作品でした。何度見てもキュンキュンさせられる女子の多いドラマで、永遠に語り継がれるに違いありません。

8位:華麗なる一族

産まれた家庭環境や自分の置かれた状況に葛藤しながらも自分の野望を叶えていく木村拓哉演じる万俵鉄平が主人公。日本の高度経済成長の荒波とともに、日本の成長と家族模様を描く壮大なヒューマンドラマ。

ドラマ詳細

TBS 日21:00〜21:54
放送 2007年1月14日〜2007年3月18日
出演 鈴木京香 長谷川京子 山本耕史 山田優
脚本 橋本裕志

レビュー紹介

・家族ドラマ

ドラマの時代設定が少し古いので、違和感を覚える場面もありましたが、ストーリーにくぎ付けになります。家族だからこその悩みや苦しみ、分かり合える感情などが描かれています。(さの)

・世界観の奥深さに圧倒されっぱなし

絡み合う兄弟、家族間の複雑な人間関係が非日常的な舞台でありながらも身近なものに感じさせられました。私の中でのお気に入りシーンは池の鯉を呼び出すシーンです。最初は何をやっているのか分かりませんでしたが、後々で意味を知ってカッコいいな思わされました。トップ3に入るドラマです。(クロ)

時代背景や秘密のある富豪一家の姿が綺麗に描写出来ていたと感じます。サクセスストーリーではないところにリアルさを感じられたという声も。

9位:眠れる森

交通事故により子供の頃の記憶をなくしてしまった大場実那子(中山美穂)は、議員一家惨殺事件の生き残り。一方この事件の犯人を追っている謎多き男 伊藤直季(木村拓哉)は、実那子の過去から現在を知ることとなる。大物二人が共演したミステリードラマ。

ドラマ詳細

フジ 木22:00〜22:54
放送 1998年10月8日〜1998年12月24日
出演 中山美穂 仲村トオル ユースケ・サンタマリア
脚本 野沢尚

レビュー紹介

・木村拓哉初のミステリードラマ

様々な怪しい人物が登場して真相はラストまで分からない・・・最終回を見てやられた!って感じ(ガリガリ)

・二人の悲しい結末に涙がでました。

ストーカーチックな恋愛ドラマかと思いきや、サスペンスのようにスリルがあり、最後の最後まで犯人が誰だかわからない面白さ。キムタクのドラマでこんなに悲しい結末はなかったと思う。(たっつ)

ヒロインの持つ謎や2人の繋がりが気になって、毎回目が離せないドラマでした。細かい設定がよくできていて何度見ても楽しめる作品。

10位:CHANGE

元小学校教師、木村拓哉演じる朝倉啓太が、不慮の事故で亡くなった衆議院議員の父の跡を継ぎ選挙に出馬。内閣総理大臣となり、理想の日本をつくるために奮闘するエンタメ色の濃い人間ドラマ。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 2008年5月12日〜7月14日
出演 深津絵里 寺尾聰 加藤ローサ
脚本 福田靖

レビュー紹介

・あんな総理大臣がいたら素敵!

あらゆるジャンルの職業を演じてきた木村拓哉さん。なんとまさかの総理大臣!あんな、カッコいい総理大臣がいていいのでしょうか?しかも、不正は許さない。内閣の疑惑については自分でさらけだす。今の政界に、必要な人材を見事に演じていました。(ねこ)

・キムタクの意外な魅力が観れるドラマ

このドラマで木村拓哉の新たな魅力が観られた気がする。共演陣も豪華ですごく良かった。政治を正面から取り上げるのは難しいと思うが、意義があると思う。(めぐ)

迫真の演技だったラストの演説シーンは、感動して涙した方が多かったよう。現実にこんな政治家、総理大臣がいて欲しいと思える、政治に興味を持てる名作でした。

懐かしのあの作品も!見逃せない11位~20位のドラマ

11位:ラブジェネレーション

広告代理店勤務の片桐哲平(木村拓哉)と、同部署で働くマイペースなOL上杉理子(松たか子)、2人が織りなすラブストーリー。

ドラマ詳細

フジ 月21:00〜21:54
放送 1997年10月13日〜12月22日
出演 松たか子 内野聖陽 純名里沙
脚本 浅野妙子 尾崎将也

レビュー紹介

・キムタク&松たか子のコンビが最高

ロングバケーションやHEROなどでも共演している二人ですが、なかでも一番正統派の恋愛関係なのがこのラブジェネレーションです。HEROでの一線をおいた関係もいいのですが、やはりこの二人には正統派のラブストーリーが似合います。(なつ)

・髪をバッサリ切るシーンが衝撃的!

典型的なラブストーリーで、安定した面白さがあったのでとても印象深いドラマ。

恋愛ドラマ設定としてはドロドロだったがとても夢中になってしまうので良かったです。(みちこ)

王道ともいえるラブストーリーで、だからこそ感情移入しやすく、好感度を持つ方が多かったよう。何度も見直したくなる恋愛ドラマのひとつです。

12位:安堂ロイド ~A.I. knows LOVE?~

柴咲コウ演じる安藤麻陽を守るため未来からやってきたアンドロイド(安藤ロイド)役を演じる木村拓哉。近未来を描いたミステリー・アクション・ラブストーリー。

ドラマ詳細

TBS 日21:00〜21:54
放送 2013年10月13日〜2013年12月15日
出演 柴咲コウ 大島優子 桐谷美玲
脚本 西荻弓絵 泉澤陽子

レビュー紹介

・守り抜くことができるのかドキドキ

未来から来た安藤ロイドが大切な人を守るためにきたというのがとても素敵だと思いました。謎の死を遂げて謎の言葉を残した婚約者にそっくりの安藤ロイドが現れるのがとてもおもしろいところです。(あっこ)

・無表情のキムタクも見所

キムタクがとにかく無表情。無感情。正直、アンドロイドが何体か出て来て、ちょっと話がピンと来ないところもあったけど、絶対キムタクが助けてくれる!その安心がよかったし、無表情のアンドロイドキムタクが、だんだん心を通わせて温かくなっていくのも面白かった。(春)

アクションシーンの迫力が満点で、ドラマとは思えない程の仕上がりでした。終始無表情だった安藤ロイドが徐々に人間の心を理解し心を通わせてゆく、見ていて心の温まる作品だったという声が多かった作品。

13位:アイムホーム

爆発事故により、事故前以前5年分の記憶を失った証券会社社員 家路久を演じるのが、木村拓哉。記憶にない後妻や自身の残虐な行為など、数々の謎を解き明かしてゆくホームドラマ。

ドラマ詳細

テレビ朝日 木21:00〜21:54
放送 2015年4月16日〜2015年6月18日
出演 上戸彩 水野美紀 田中圭
脚本 林宏司

レビュー紹介

・パワフルより人間的な家路久がいい

記憶をうしなった木村拓哉演じる家路久が、あまりに多くの秘密を抱えていたということにドキドキワクワクしました。(小夜子たん)

・家族の顔が仮面に見える!

スリル感があり、謎だらけで先の展開が全く読めなかったので最後の結末がとにかく気になって仕方がない!(あい)

あり得ないと思いつつも、もしかしたらとも感じられた不思議設定のドラマで、次のストーリーが気になって仕方がなかったという声、多々。謎が解けるたび仮面が剥がれてゆくのが面白く、ハッピーエンドのラストは満足感があるドラマ。

14位:南極大陸

北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』が原案のフィクション作。木村拓哉が演じるのは、東京大学山岳部OBであり同大学の理学部助教授倉持岳志。南極観測実現に向け尽力した昭和30年代のストーリー。

ドラマ詳細

TBS 日21:00〜21:54
放送 2011年10月16日〜2011年12月18日
出演 柴田恭兵(特別出演) 香川照之 堺雅人
脚本 いずみ吉紘

レビュー紹介

・強い使命感と悲しい決断の関係の難しさ

南極観測という国家レベルの強い使命感を背景に、隊員の命を優先させるが故の悲しい決断を経ての、奇跡的な南極観測犬の生存というストーリーから、内容の濃い重曹感を持っている。最後に奇跡的に観測犬の生存が確認されるシーンは、今でも感動のシーンとして私の中で蘇っている。(タカ)

・南極の話

極限だからこその美しい自然の映像が満載で楽しめます。犬ぞりで活躍する犬たちが可愛く、とても癒されました。人間は一人では生きていけない、そんな当たり前のことに気づかされました。。(あいこ)

各回感動シーンが満載だったドラマ。ノンフィクションではないとはいえ、極寒の地での苦難は手に取るようにわかる秀作という声も。人間側はもちろんですが、たくましい犬たちの姿がたいへん印象的な作品でした。

15位:エンジン

木村拓哉が演じるのは、世界的に有名なレーシングドライバー神崎次郎。トラブルで日本へ帰国した次郎と、実家の児童養護施設の子どもたち、その周辺人物との触れ合いを描いた人間ドラマ。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 2005年4月18日〜2005年6月27日
出演 小雪 堺雅人 松下由樹
脚本 井上恵美子

レビュー紹介

・木村拓哉かっこいい!!

このドラマでは木村拓哉はレーシングドライバーで、みる前は馴染みなかったけど、みてるうちに世界観に引き込まれる!エンジンをみて、大事なことを簡単にあきらめちゃいけないなって思いました。(さよ)

感動的なストーリーが好評だったドラマ。恋愛シーンあり、考えさせられるシーンありと感慨深いという声も。上質なドラマのひとつです。

16位:人生は上々だ

木村拓哉は演じるのは、借金まみれの若者 大上一馬。浜田雅功演じる関西弁の借金取り 内藤八郎に捕まるが、2人の間に友情が芽生えてゆくヒューマンドラマ。

ドラマ詳細

TBS 金21:00〜 21:54
放送 1995年10月13日〜1995年12月22日
出演 浜田雅功(ダウンタウン) 石田ゆり子  飯島直子
脚本 遊川和彦

レビュー紹介

・人生は上々だ

最初は、お互いに微妙だったけど話が進んで行くにつれて、お互いの友情が弾み、感動のラストでした。こんなに素晴らしい友情ドラマはないです。友情系のドラマ見たい人にはオススメの作品だと思います(ゆり)

意外な大物の競演とあって、大きな話題となった作品。二人の掛け合いが楽しみで、見逃せなかったのは私だけではないようです。男性の友情の深さを教えられた作品でした。

17位:空から降る一億の星

木村拓哉が演じるのは、コック見習いの片瀬涼。明石家さんまが演じる刑事 堂島完三に事件への関与を疑われる傍ら、その妹、深津絵里演じる優子と恋仲になってゆくラブサスペンスドラマ。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 2002年4月15日〜2002年6月24日
出演 明石家さんま 深津絵里 井川遥 柴咲コウ
脚本 北川悦吏子

レビュー紹介

・最近ではあまり無いキャスティング

あの明石家さんまと木村拓哉が共演と言う事で当時、大分、話題になりましたよね。

王道のラブストーリーではありませんが、一風変わったキムタク作品を観たい方におすすめです。(のぶたん)

明石家さんまさんと木村拓哉さんの競演という豪華キャストで話題でしたが、そのラストはバッドエンドと、悲しい結末だったところにインパクトが大きかったよう。印象深かった作品のひとつです。

18位:月の恋人~Moon Lovers~

キムタクが演じるのは、インテリアメーカー社長 葉月 蓮介。彼に思いを寄せる3人の女性、篠原涼子演じるインテリアデザイナー 二宮真絵美、リン・チーリン演じる中国人女性 劉秀美、北川景子演じるカリスマモデル 大貫柚月。中国をも舞台にやり手の事業家 葉月が織りなす、本格派ラブストーリー。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 2010年5月10日〜2010年7月5日
出演 篠原涼子 リン・チーリン 松田翔太 北川景子
脚本 浅野妙子 ほか

レビュー紹介

・やっぱりクールさは変わらない

主役を演じる木村拓哉さんがインテリアメーカーで働いていてその先で軌道に乗っていたので進出をする場所が上海なのは驚いた。その先で上海の美女と出会いストーリーが大きく進んでいくところが面白かった。(クマ)

豪華キャストに豪華な舞台と、期待が大きかっただけに感情移入がしにくかったよう。とはいえストーリーは楽しめるうえ、キムタクを堪能できる作品だったという声も。

19位:A LIFE~愛しき人~

木村拓哉が演じるのは、超一流の手術の腕を持つ外科医・沖田一光。医療とそれを取り巻く人たちの姿を描いたヒューマンラブストーリー

ドラマ詳細

TBS 日21:00〜21時54分
放送 2017年1月15日~3月19日
出演 竹内結子 松山ケンイチ 木村文乃
脚本 橋部敦子

レビュー紹介

・誠実な医師の葛藤

木村拓哉が初めてドクター役に挑んだ医療ドラマ。キャストも竹内結子、浅野忠信、木村文乃、など豪華な顔ぶれ、真摯に患者と治療に向き合う沖田一光(木村拓哉)の姿に医療現場に従事している私も関心、こんなドクターばかりならと思いながら観ていた(ぐっちゃん)

豪華なキャストの顔ぶれに注目の集まった作品でしたが、ストーリー的にも十分に楽しめる、見ごたえのある作品でした。

20位:PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜

木村拓哉が演じるのは、職を追われ、住む家も所持金も失った金田一二三男。いろいろな人と関わる中でお金では買えない大切なモノ(プライスレス)に気づいてゆく、コメディも交えた人間ドラマ。

ドラマ詳細

フジテレビ 月21:00〜21:54
放送 2012年10月22日〜12月24日
出演 中井貴一 香里奈 夏木マリ
脚本 古家和尚 櫻井剛

レビュー紹介

・ひさびさにキムタクのドラマで面白い

木村拓哉主演でひさびさに面白かった。ドラマで金田一さんの行いを見ていると自分も優しく強くなれる気がするし全ての登場人物出演者がとても素敵でした。笑いと感動があったいいドラマでした。(うっち)

笑いあり、感動ありの微笑ましいストーリーだったのが印象的だったドラマ。笑うが、価値。を考えさせてくれる作品でした。

まとめ

こんなふうに振り返ると、本当にたくさんの役柄を演じていたんですね。秋からスタートするフランス料理の天才シェフ役が楽しみです!

閉じる