2019年11月14日

【辛酸なめ子コラム】おっさんずラブin the sky・男心を惑わす春田のモテ理由を分析

おっさんたちのピュアなラブストーリーをテーマにして、社会現象を巻き起こしたドラマ「おっさんずラブ」。

11月より放送スタートした新シリーズ「おっさんずラブ-in the sky-」不動産業界から航空業界に舞台を変え、田中圭さん、吉田鋼太郎さん以外のキャストを一新。第1話放送時には深夜帯にもかかわらず、Twitterでは世界のトレンド3位にランクインし、その人気ぶりを世間に知らしめる結果になった。

そんな「おっさんずラブ-in the sky-」の第1話&第2話をチェックしたコラムニストの辛酸なめ子さんは、おっさん同士のラブバトルに驚いたり、萌え制服に反応したり、イケメン同士のキスシーンに興奮したりと、心がかき乱されたのだとか!

そんな辛酸なめ子さんに「おっさんずラブ-in the sky-」の感想を思う存分語っていただきました!

第1話からイケメン同士のキスシーンにテンションアップ!

大人気ドラマ「おっさんずラブ」のパラレルワールドバージョンがスタート。前作のドラマは不動産会社が舞台でしたが、「おっさんずラブ-in the sky-」の設定は航空会社。これは制服との相乗効果で萌えの予感しかしません。

第1話から展開がスピーディでした。主人公の春田創一(田中圭)は35歳でリストラされ、CAとして航空会社「天空ピーチエアライン」で働くことになります。初日から遅刻気味で、お客さんを助けたりしていたらさらに遅れ、黒澤武蔵機長(吉田鋼太郎)に「このフライトから外れてもらう」と言われたり、副操縦士の成瀬竜(千葉雄大)にディスられたりで、早くも乱気流の気配です。

さらにその成瀬の女性絡みの揉め事にまきこまれ、女性の前で成瀬にキスされ偽装彼氏に仕立てあげられ、動揺する春田。視聴者としてはイケメン同士のキスシーンにテンションがあがりました。

春田が愛される理由は?無防備な隙or唇の妙なエロさ

そして社内のロッカーから春田を描いたスケッチ(半裸の絵を含む)が大量に発見された一件も……。入ってすぐに、こんなに風紀が乱れている航空会社には不安になります。さらに同じ寮の航空整備士、四宮要もどうやら春田のことが好きな気配が。

なぜ、こんなに春田は皆から愛されるのでしょう?無邪気で隙があって情に厚いキャラが、クールで何事にも正確な人が多そうな航空業界で珍しいのかもしれません。

また、春田には気軽にスキンシップをする癖が。唇にも妙なエロさがあります。今後、成瀬にとどまらず次々と男性とキスしていくのか期待が高まります。

悶々としたり、妄想したりと武蔵の恋心が爆走

第2話では、いよいよ飛行機に搭乗することになった春田。この前遅刻して怒られたばかりなのに急に大役に抜擢されるとは……。この航空会社の方針は大丈夫なのか若干心配になります。

飛行機の旅客目線で心配になってしまうのは、様子がおかしい機長の黒澤武蔵。前回、無防備な春田が居眠りして機長の肩にもたれる場面がありましたが、それを思い出して悶々とし、「この気持ちはなんだ?」と上の空状態で妄想したり、ロッカーに頭をガンガンぶつけたり……。「こんな機長はイヤだ」というテーマのネタになりそうな言動を連発。

パイロットはアルコール検査+恋愛中検査も必要!?

さらに「いったいこの胸の痛みは何?」としゃがみこんだり、みぞおちが締め付けられ、動機が激しい、といった症状でお医者さんの診察を受けていました。健康上の問題があるパイロット、大丈夫でしょうか?お医者さんには「恋の病です」と言われていました。

パイロットをアルコール検査するだけでなく恋愛しているかどうかも検査したほうが良さそうです。機長はそのあと滑って転んで春田に抱き止められていてますます心配です。

このドラマに撮影協力している航空会社に影響はないか気になります。リアルだったのが社内の張り紙で「11月売上目標 4256万円」と書かれていました。LCCのリアルな経済力がわかります。

恋に生きるおっさんはエモーショナル!

機長への不安はさておき、このドラマの見どころの一つは吉田鋼太郎による、恋するおっさんの絶妙な演技にあります。

春田が視界に入って「わぁ〜」と小さく叫んだり、春田を夜景スポットに呼び出して、「あの、ぶっちゃけ春田くんのことが気になってしかたありません!!春田くんのことを好きになってもいいですか〜〜!!??」と大声でシャウトしたり、恋に生きるおっさんはエモーショナルです。

挙動不審なのはおっさんだけではありません。例の春田のデッサンを描いていたのは整備士の四宮だったのですが、そのことを指摘されると無表情になって変な空気になっていました。

そもそも飛行機の整備という人命を預かる業務で、あんな大量のデッサンを描く時間の余裕はどこに……。業務がおろそかになっていないか、また心配になります。

羽田空港でリアル「おっさんずラブ」に遭遇!?

ちなみにこのドラマを見た数日後、飛行機に乗る機会があったのですが、「ただ今、岐阜県上空を飛行中です」といった落ち着いた機長のアナウンスには、黒澤機長の浮ついた言動とは真逆のまじめさが漂っていました。やはり黒澤機長のテンションは現実ではあり得ません。

でも、羽田空港でパイロットと男性スタッフが二人で空港内を歩いている姿を目撃し、一瞬妄想がよぎってしまいました。おっさんと若めの男性で両方地味なメガネ男子でしたが……。

 

「おっさんずラブ-in the sky-」TVログの口コミは?

 

The following two tabs change content below.

辛酸 なめ子

漫画家・コラムニスト 武蔵野美術大学短期大学部デザイン学科卒。雑誌連載、執筆活動の合間を縫ってテレビ出演も。
閉じる