カテゴリ一覧

TVログバナー

【辛酸なめ子コラム】おっさんずラブin the sky 糖質で気分を高揚させるキスは知性派・成瀬の戦略

#田中圭 #千葉雄大 #吉田鋼太郎 #戸次重幸 #辛酸なめ子
2019年12月25日 by

とうとう最終回を迎えた「おっさんずラブ-in the sky-」。春田、成瀬、四宮、黒澤の恋の結末に、SNS上はかなり激しい乱気流が吹き荒れていたようですが、みなさんはいかがでしたか?

最終回を視聴したコラムニストの辛酸なめ子さんも、どのような気持ちの変化を経て、誰と誰エンドになるのか最後まで目が離せなかったようです。

それでは、「おっさんずラブ-in the sky-」8話の感想を詳しく語っていただきましょう!

不安のヴァイブスが黒澤に届き、引退宣言!?

先日、仕事で航空関係のライターの方と話す機会がありました。「おっさんずラブ-in the sky-」のドラマの中の航空会社の飛行機に乗りたいですか?と聞いたら「あんな恋愛しまくってる航空会社はちょっと…」とのこと。モデルになった航空会社はちゃんとしていると思いますが、たしかに複数のスタッフの心が乱れている航空会社は、命を預ける上で若干危ない気がします。

そんな視聴者の不安のヴァイブスが届いたのか、機長の黒澤が急に引退宣言。理由は恋の病…ではなく、悪天候の時に自分の経験を優先して羽田に引き返してしまったことを反省して、とのこと。実は仕事に対してストイックな機長の真摯な表情を見て、春田は思うところがありそうでした。

淋しがる春田に、優しくマフラーをかけてあげる機長。「当機はついに着陸態勢に入った模様です。いったいどこに着陸すれば良いでしょうか……」という春田の心のナレーションが流れます。ついに最終回、どのようなカップリングが成立するのか、それとも不成立なのか……最後まで目が離せません。

春田&成瀬の制服同士の過去キスシーンの破壊力

メインの男性登場人物の恋愛感情を整理すると「四宮→春田→成瀬→四宮」という四角関係と「黒澤→春田」という関係がありました。「ディスパッチャーの烏丸→黒澤」という線もあやしいです。個人的には、春田と成瀬の組み合わせが最初の制服同士のキスシーンの破壊力が大きく、この二人に成就してほしい気がします。ビジュアル的には獅子丸にも絡んできてもらいたいところです。

相撲シーンの密着度、視聴者の満足度は得られる?

しかしドラマ開始後、時間が半分以上経過しても、登場人物の関係性に進展はなく、もしかしてこのまま黒澤機長の卒業の感動ストーリーで幕を閉じるのかと、不安がよぎりました。

黒澤機長の思いの丈をぶつけた土手での相撲シーンがありました。お互い相撲の中で抱き合ったりお姫様抱っこのような体勢で密着していましたが、それだと視聴者的には満足できません。

切なさを感じたのが、成瀬と四宮が一緒に歩くシーンです。寮を飛び出した四宮が「春田とはうまく行ってるのか」と言葉をかけると「だから俺は……なんでわかんないんですか?」と、鈍感な四宮に対して声を荒げる成瀬。

この時のBGMが、飛行機が着陸した後、乗客が降りる時に流れるメロディーとちょっと似ていて、この「おっさんずラブ-in the sky-」というドラマからも、乗客として降りる時間が近付いている……という淋しさがよぎりました。

意外にも人間関係のスキルが高い成瀬

前回に続き、男泣きのシーンが多く、春田と成瀬が夜の散歩に出かけるシーンもエモーショナルでした。

「誰かを好きになって大切にしたい思いから逃げないかっこよさ、いっぱい教えてくれたのはあなたです。だから春田さんのこと尊敬してます!ありがとうございます!」と深々と頭を下げる成瀬。それを苦しげな表情で見つめる春田。告白した相手から「ありがとうございます!」と頭を下げられるのは、完全に恋愛関係にはならないという通告のようです。

成瀬に人間関係のスキルを教えてもらった感が。無理な相手に告白されたら「尊敬してます!ありがとうございます!」と深々とお辞儀したら、相手に失礼にならずに断ることができます。

成瀬と春田はその後泣きながら抱き合っていました。やはり絵になる二人です…。しかし春田は心のどこかで傷つき、癒してくれる男性を求めていたのでしょう。

一瞬だけのライトなキス…実は成瀬の戦略?

後半、それぞれの思いや関係に急な変化が訪れます。寮に戻ってきた四宮は成瀬の好物のグラタンを用意。「お前さ、俺のどこがいいわけ」という四宮に「見てらんないんですよね、どことなく残念じゃないですか」と冗談っぽく答える成瀬。年上の男性を転がすことに喜びを感じるタイプでしょうか。

成瀬はグラタンに大量の砂糖をかけ、むりやり四宮に食べさせ、じゃれ合い、二人の間に微妙な沈黙が。そして四宮にキスする成瀬。

「キスしようとしてたでしょ」「いやしてない」戸惑う四宮は「ちょっと顔洗ってくるわ」と洗面所へ。キスされたあと顔を洗うのはイヤがっているというより、興奮や照れを隠そうとしたのかもしれません。この時のキスはわりと軽めでした。一瞬だけのライトなキスで、物足りなさを感じさせる作戦かもしれませんが…。

「好きになってもいいですか〜!!」と「僕は死にましぇ〜ん!!」の共通点

黒澤と春田の関係も急展開しました。屋上のヘリポートに黒澤を呼び出した春田は、前回振ったのに心変わりして「俺はキャプテンが好きです」と、逆告白。成瀬との失恋のダメージもあって、自分を好きでい続けてくれた黒澤の存在が大きくなっていたのでしょう。

「好きになってもいいですか〜!!」という黒澤の心の叫びがずっと春田の心に残っていたのだと思います。「僕は死にましぇ〜ん!!」(「101回目のプロポーズ」)のように、愛を叫ぶ男性は最後に勝つのでしょうか…。黒澤と春田は抱き合い、春田は年上の男性の包容力に身を任せて泣いていました。

天空ピーチエアラインのピンクの飛行機は恋愛の象徴

最終回、2組がいい感じになって、さらに緋夏も若手整備士の道端に誘われたりして、会社のあちこちで恋が成就しそうな気配です。こんなに内部でくっついたり片思いしたりしているエアラインはなかなかないですが、恋愛している時は飛行機が飛ぶのと同じくらいの高揚感をもたらしてくれるのかもしれません。

天空ピーチエアラインのピンクの飛行機は、恋愛の象徴だったのでしょうか……。それぞれの恋の飛行儀が安全に飛行することを祈ります。これから飛行機を見る度にドキドキしそうです。

「おっさんずラブ-in the sky-」TVログの口コミは?

「おっさんずラブ-in the sky-ゆく年くる年SP」TVログの口コミは?

 

辛酸 なめ子

漫画家・コラムニスト 武蔵野美術大学短期大学部デザイン学科卒。雑誌連載、執筆活動の合間を縫ってテレビ出演も。

よく読まれている記事