カテゴリ一覧

TVログバナー
姉ちゃんの恋人

ドラマ「姉ちゃんの恋人」最新視聴率&全話 あらすじ・最新口コミまとめ!2話 3 クリスマスプロジェクトを心待ちにする桃子と真人

#林遣都 #有村架純
2020年11月5日 by

コロナ渦の現代に即した設定で話題のドラマ「姉ちゃんの恋人」。
第1話では、3人の弟を養うために奮闘するお姉ちゃんが、気になる男性と知り合うところまでであまり話は進んでいませんが、今回から少しずつ人間関係が動き出していくようです。桃子と真人が出会うきっかけとなったクリスマスプロジェクトはどうなるのでしょうか?
第2話の詳しいあらすじをご紹介していきます!

「姉ちゃんの恋人」は動画配信サイト FOD で見ることができます!

引用: FOD

「姉ちゃんの恋人」2話 最新視聴率

「姉ちゃんの恋人」第2話の視聴率は6.2%と、初回からガクンと3ポイント下がってしまいました。初回の説明部分が長くて脱落してしまった人も多いのかもしれません。ただ、関西では9.5%と相変わらず高めの視聴率なので、関西圏では人気となりそうです。

「姉ちゃんの恋人」1話 あらすじ

3人の弟を養う姉ちゃんの日常

27歳の安達桃子(有村架純)は、高校3年生の大学受験の日に両親を事故で亡くし、大学進学を断念して親戚の紹介で就職したホームセンターに勤めて9年目になる。
桃子には3人の弟、和輝(高橋海人)20歳、優輝(日向亘)17歳、朝輝(南出凌嘉)14歳がおり、自分が弟たちを養うと決めていた。

自粛やソーシャルディスタンスが求められる日常になり、その影響を受けつつも仕事があることをありがたく思い、明るく毎日を送っている桃子。
桃子の勤めるホームファッション売り場のフロアも、例年ならハロウィンの飾りつけでにぎやかなはずだが、今年は世間の風潮にならい控えめでどこかさみしげ。
物足りなさを感じる桃子は、「クリスマスはドカンとやりたいですね」とこぼし、それを聞いたチーフの市原日南子(小池栄子)は社長へ提案。その案が採用され、桃子はクリスマス企画のリーダーに任命されてしまう。

クリスマス企画のリーダになった桃子

早速、各フロアの責任者を集めてクリスマス企画についてのミーティングが行われることになった。
搬入にも関係することから、ミーティングには配送部の吉岡真人(林遣都)が先輩・高田悟志(藤木直人)から頼まれて代表として出席することに。
真人は弁当屋で働く母・貴子(和久井映見)と2人暮らし。配送の仕事のほかに弁当屋の仕事も手伝っている好青年だが、人と関わることには消極的だった。

おそるおそるミーティングに参加する真人。桃子や日南子が進行役になって話を進める中、みんな活発な意見を出すが、ひとりうつむいている真人に桃子が声をかける。
すると、真人は一人で寂しいクリスマスを送る人もワクワクするようなクリスマスにしたい、キラキラした電飾より本物のもみの木があるといいなど、個性的な意見を出す。
実は、その意見は桃子の考えていたプランと全く一緒で、そのままプロジェクトの方向性が決定した。

優しく微笑む真人に惹かれる桃子

ミーティングの後、桃子は配送の仕事を始めようとする真人にミーティングのお礼を言い、親友の浜野みゆき(奈緒)とコンビニのアイスを食べながら語り合う。
心が通じ合える男性がいいと話す桃子は、自然と真人のことを思い浮かべるのだった。

休みの日、朝輝のサッカーの試合に応援に行った桃子は、審判のジャッジに猛抗議してレッドカードを出されたところを真人に見られてしまう。
2人で歩きながら身の上話をする桃子。3年前に父を亡くし母を大事にしている真人に惹かれる桃子だったが、真人にはある秘密があった・・・。

「姉ちゃんの恋人」1話 みんなの口コミ紹介

 

姉ちゃんの恋人,感想
TVログでこの口コミを見る

姉ちゃんの恋人,感想
TVログでこの口コミを見る

 

姉ちゃんの恋人,感想
TVログでこの口コミを見る

 

姉ちゃんの恋人,感想
TVログでこの口コミを見る

「姉ちゃんの恋人」2話 あらすじ

プロジェクトを期に距離が縮まる桃子と真人

桃子(有村架純)が提出したクリスマスプロジェクトの予算案が無事承認され、真人(林遣都)も自分のことのように喜ぶ。
真人が提案した大きなもみの木も設置されることになり、チーフの日南子(小池栄子)のアシストもあり、なごやかに進む会議。桃子は、プロジェクトの開始となるハロウィンまでの日をカウントダウンするグループチャットを作成する。
真人はプロジェクトを円滑に進めるため、上司にあたる悟志(藤木直人)にも協力を仰いだ。

桃子は家でも浮かれ気分で料理を失敗、弟たちに心配される始末。
食事中、和輝(高橋海人)が大学で採れたトマトをたくさんもらえるからと、叔父の菊雄(光石研)を誘ってトマト鍋パーティーをしようと提案し、桃子は親友のみゆき(奈緒)も呼ぶことに。
一方、プロジェクトの日を心待ちにする真人だったが、過去の思い出に苦しめられてもいた。

仕事のトラブルで真人に送ってもらう桃子

鍋パーティーの当日、準備を進める弟たちのもとに、叔父の菊雄やみゆきがやってくる。
その頃、売り場で仕事中の桃子は、お客様に渡す商品の管理を怠ってしまい、急いで取り寄せてもらって自分で客先まで届けることに。
桃子が配送部に商品を受け取りに行くと、それを渡してくれたのは悟志と真人。悟志の計らいで、真人に車で客先まで送ってもらうことになった。
助手席に座った桃子は震える手を抑えることができなかったが、無事に客先に商品を届け、ほっとする真人と桃子。

真人に車で送ってもらう帰り道、桃子は両親が目の前で交通事故にあった時のことを思い出し、恐怖を感じて車を降りてしまう。
克服できない自分をくやしがる桃子だったが、好きな人と車でデートするのが夢で、赤い小さな車で迎えに来てもらうなど細かなディティールで楽しげに語る。そんな桃子を気遣う真人。いつしか2人は笑顔になり、真人は歩いて桃子を自宅まで送った。

いよいよクリスマスプロジェクト始動

同じころ、日南子は一人でバーで飲んでいたが、カウンターで隣に座った悟志にときめいていた。
部下の話で盛り上がったものの、名前も聞かなかったことを悔やむ日南子。
プロジェクトまであと2日に迫った日、河原でぼんやりする真人と、仕事の休憩中に街を眺める桃子は、小さな赤い車を見て一緒にデートすることを空想するのだった。

そして、ハロウィン当日。お客の数も飾りつけも少なく、例年に比べて寂し気な店内。
桃子は館内放送で、店内のレイアウトチェンジ計画の始まりを告げ、スタッフたちは張り切ってクリスマスの飾りつけを始めた。
配送部の様子を見に行った日南子は、そこで働いている悟志がバーで会った男性だと気づき、ガールフレンドと呼ばれて上機嫌。
そして、桃子たちが計画した、本物のもみの木を使ったクリスマスの飾りつけが完成するのだった。

「姉ちゃんの恋人」2話 みんなの口コミ紹介

姉ちゃんの恋人,感想,口コミ
TVログでこの口コミを見る

 

姉ちゃんの恋人,感想,口コミ
TVログでこの口コミを見る

 

姉ちゃんの恋人,感想,口コミ
TVログでこの口コミを見る

次回3話 桃子と真人が急接近!?

今回、桃子の仕事上のミスはあったものの、ドラマとして大きな展開はなく、メインイベントかと思われたクリスマスの飾りつけもあっさり完成してしまいました。
でも、桃子と真人がそれぞれ抱えるものが少しずつ見えてきましたね。

次回は、そんな真人の抱える闇に迫りそうな展開。
配送部の悟志と日南子の恋模様も気になるところですね!

「姉ちゃんの恋人」は動画配信サイト FOD で見ることができます!
TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が発信するWEBマガジンです。今注目の俳優・女優、話題のドラマのランキング、著名なライターによる定期コラムなどドラマに関する情報をお届けしています。

よく読まれている記事