カテゴリ一覧

TVログバナー
先生を消す方程式

ドラマ「先生を消す方程式。」全話 あらすじ・最新口コミまとめ!5話 義澤を消した瀬田の暴走!怒りに燃える蘇った義澤!

2020年12月3日 by

瀬田先生にナイフで刺され、生徒たちに土の中に埋められてしまった義澤先生。

義澤先生は本当に死んでしまったのでしょうか?

そしてとどまることを知らない瀬田先生はさらに暴走!

今回の5話から「第2章 闇の義経、襲来編」が始まります。どんな展開になっていくのか、詳しいあらすじを見ていきましょう!

引用: ABEMAプレミアム

「先生を消す方程式。」 1話 あらすじ

先生を消す方程式

引用: ABEMAプレミアム

進学校の名門私立高校に潜む闇

名門私立高校帝千学園に、義澤経男(田中圭)という教師が赴任された。
帝千学園はセレブの子息たちが多く、東大進学率も高い進学校。その3年D組の担任となった義澤は「日常×笑顔=幸運」の方程式をモットーに、常に笑顔を絶やさず前向きな姿勢で臨む。

しかし、3年D組はいろいろと問題がある生徒がそろっていて半年の間に3人もの教師が担任を辞めており、副担任・頼田朝日(山田裕貴)も悩まされていた。
頼田によると、3年D組には4C(フォーセレブ)と呼ばれる4人の生徒がおり、父親が検察トップの優等生・藤原刀矢(高橋文哉)のほか、有名な女医を母に持つ人気インフルエンサー・長井弓(久保田紗友)、人気飲食チェーンの社長を父に持ち、友人にマッチングアプリでパパ活をさせている大木薙(森田想)、父親が大企業の社長でおじが政治家だという剣力(高橋侃)の3人が親の権力を盾にやりたい放題だという。

どんな嫌がらせにも笑顔の義澤

赴任初日、力を筆頭に挨拶する義澤を早速小ばかにする生徒たち。しかし、反抗的な態度を取られても義澤は一向に気にすることなく、「こういうの嫌いじゃないです」と笑顔を絶やさない。
頼田は無理をしないよう忠告するが、まったく気に留める様子のない義澤。

翌日、授業を始める義澤に嫌がらせとして難解な問題を出すが、あっさり正解されてしまう。
何をしてもまったく動じない義澤に、弓、薙、力の3人はいら立ちを募らせ、階段の上から水をかけるいたずらをする。それでも笑顔を絶やさない義澤だったが、それを見とがめた刀矢を力が殴ったことで、力はその責任を義澤に押し付け土下座させ、それだけでは許さず義澤に床をなめさせた。

義澤の反撃が始まる

皆が唖然とする中、義澤はパワハラについて説き始め、現在の学校では生徒側に力があり、教師のほうが弱者だと言い出す。
そして、自らが床をなめさせられているところを撮影しており、パワハラであることを説明。大人が子供を罪に問えることを話した。
さらに、未成年者の場合は親が代理人になることから力の父親に迷惑がかかることをにおわせ、自分が学校をやめる覚悟で反省を促し、力の人生に傷をつけるため力を訴えることを宣言する。
父親の権力をかさに逃れようとする力だったが、義澤は力の家庭事情のことも知り尽くしており、「人を傷つけた分、あなたも傷つかなければいけない」と断言する。
訴えないでほしいと懇願する力に一喝し、謝罪させた義澤はあっさりと力の手を取り許した。

放課後の体育倉庫に集まる弓、薙、力・・・そこには刀矢と頼田の姿もあり、実態は頼田が指示して刀矢が先導し、協力して義澤を追い詰めようとしていたのだ。
生徒たちは頼田の指示で義澤を貶める方法を考え、刀矢は義澤を「消す」ことを思いつくのだった。

「先生を消す方程式。」 1話 みんなの口コミ紹介

この口コミには続きがあります

この口コミを見る

「先生を消す方程式。」 2話 あらすじ

植物状態にある義澤の恋人・静

力(高橋侃)からの嫌がらせに打ち勝った義澤(田中圭)は、病院で眠り続ける恋人の静(松本まりか)に語りかけていた。静は生命維持装置がないと呼吸もできず、意識が戻る可能性も低い状態で、静を襲った犯人はいまだ捕まっていない。

クラスの中心人物である刀矢(高橋文哉)たちを焚きつけて、義澤を追い込もうとする副担任の頼田(山田裕貴)だが、義澤に弁当を持ってくるなど慕うそぶりを見せる。
義澤は長い間不登校の生徒・伊吹命(秋谷郁甫)のことを気にかけており、クラスで生徒たちに命のことを問うが、生徒たちは自分の勉強以外に時間を割く気はない様子。
義澤は命の家を訪ねるが、すぐにいなくなる担任に期待していない命。義澤は命の部屋にある黒魔術の本を取り、自分の恋人が事故で命を失いそうで、もし亡くなったら黒魔術で蘇らせたいと思ったことを語り命に共感を示した。

セレブ仲間から縁を切られそうになる薙

3年D組の4Cの一人・薙(森田想)の父親は、会社を追放され社長の座を追われることに。そのことを知った弓(久保田紗友)に縁を切られそうになり、薙はほかの友人たちにパパ活でさらに稼ぐように煽った。
さらに、頼田も父親が権力を失ったら薙はふつうの人になってしまうと脅し、背後から義澤を突き落として消す方法を吹き込んだ。

翌朝、義澤のデスクの引き出しには花柄の封筒で義澤を呼び出す手紙が入っていた。
生徒からの告白だとはやし立て、行かないようにと忠告する頼田だったが、生徒からの話はきちんと聞くと待ち合わせに向かう義澤。
薙はタイミングを見計らって階段の上から義澤を突き落とし、義澤の頭から血が出ているのを見届けた薙は仲間たちのもとへ戻り義澤を消したことを報告、刀矢は薙を抱きしめて労った。

死んだかと思われた義澤だったが・・・

翌朝、義澤が階段から落ちた話でもちきりのクラスに久しぶりに命が登校してくるが、義澤は死んだものと思い神妙な面持ちの生徒たち。
教室に頼田が現れ、義澤が意識不明で危険な状態だと告げていると、そこに右腕を吊って頭に包帯を巻いた義澤がヨロヨロとやってきた。

義澤は足を滑らせて階段から落ちたと言い、さらに教師をしていた恋人が教え子に階段から突き落とされ、ずっと入院中であることを語りだした。
義澤の調べでは、正義感の強い彼女をうざいと感じたいじめっこが、いじめていた生徒に強制して突き落としたが、犯人はまだ捕まっていないと言う。
そして、「人生はある日突然思いもよらないことが起こる」と、薙の父親が失脚して友達を失いそうになったことを挙げ、「人生-友達=幸せ」の式を書き、「自分を捨ててまで必要な友達なんかいないんだよ!一人で生きろ!」と一喝。自分が手助けをすると義澤が差し出した手を取った薙。
「はい、仲直り」と笑った義澤は、その場で倒れてしまった。

そして義澤は、肩を貸しながら彼女を襲った犯人について聞く瀬田に、「犯人はあなたですよね。」と告げたのだった。

「先生を消す方程式。」 2話 みんなの口コミ紹介

この口コミを見る

この口コミを見る

「先生を消す方程式。」 3話 あらすじ

恋人を襲った犯人だと突き止められた瀬田

頼田(山田裕貴)に彼女を襲った犯人だと冗談を言う義澤(田中圭)は、そのまま気を失ってしまう。頼田は保健室に連れて行った義澤の顔にクッションを押し当てて殺そうとするが、養護教諭の安田(奥山かずさ)が現れ、すんでのところで思いとどまった。
義澤を消す計画に失敗続きの仲間たちにいら立ちを募らせる刀矢(高橋文哉)は、弓(久保田紗友)に望みをかける。過去に憧れていた家庭教師と母親が関係を持っていたことに傷ついた弓は、刀矢になぐさめられ恋心を抱いていた。

自殺に見せかけ殺されそうになる義澤

頼田からの助言も受け、弓は学校の裏庭の木に義澤を吊り上げ、自殺に見せかけて殺す計画を実行する。
力(高橋侃)と薙(森田想)にも協力させ、仮面をつけて3人で首にロープをかけた義澤を引っ張り上げ、必死に抵抗する義澤もついに息が止まってしまう。
3人が立ち去った後、義澤を吊るしていた枝が折れ、そこに通りかかった安田が義澤を見つけた。

ついに裏の顔を見せた刀矢

翌朝、義澤が自殺した話でもちきりのクラス。そこへ杖をついた義澤がやってくる。病院に運ばれ一度は仮死状態になったものの、奇跡的に息を吹き返したという。
教壇に立った義澤は、「恋(人生-自分)=無様」という方程式を見せ、弓の家庭事情を明らかにして「恋の前ではあらゆる判断基準が鈍る」と弓を糾弾した。
さらに、弓を振り回した相手について言及すると、刀矢は突然3人が義澤を殺そうとしたところを見たと言い出し、なおも授業を続けようとする義澤に態度を豹変させるのだった。

「先生を消す方程式。」3話 みんなの口コミ紹介


この口コミを見る

この口コミを見る

「先生を消す方程式。」 4話 あらすじ

義澤をナイフで刺そうとした刀矢を止める瀬田

「賢いと思っている人×力=馬鹿」という方程式を示した義澤(田中圭)。
自分のことを指摘された刀矢(高橋文哉)は隠し持ったナイフで義澤を刺そうとするが、それに気づいた頼田(山田裕貴)が義澤を殴り倒して阻止。
頼田は体育倉庫に集まった刀矢たち4人と次なる作戦を練る。

義澤の恋人が眠る病室に忍び込んだ刀矢

薙(森田想)が静(松本まりか)の入院先を調べ、刀矢は弓(久保田紗友)とともに病室に潜入し静を誘拐しようとする。
するとそこに義澤が現れ、刀矢が6歳の頃に3歳下の妹を海に突き落とし、それを検察官である父親がもみ消したことを口にし、さらなる怒りを募らせる刀矢。
そんな刀矢に、頼田は落とし穴を掘って義澤を落として埋める「義澤を消す方程式」を示した。
そして、静の病室で復讐を誓う義澤の元に、命(秋谷郁甫)がやってきて、刀矢たちが頼田を人質に義澤を呼び出したと告げる。

瀬田を追い詰め復讐を遂げる義澤だが・・・

刀矢は瀬田にナイフを向け、義澤を穴に落とそうとするが、義澤は瀬田を助けるために来たのではなかった。
義澤は事前に力・弓・薙を集め、首を吊って殺そうとした罪をなかったことにする代わりに、瀬田が静を突き落としたことをICレコーダーに録音させていたのだ。
弓からICレコーダーを受け取った義澤は、静の復讐を果たせたと喜ぶが、様子を見に来ていた命が刀矢につかまってしまう。
力たちが刀矢を止め、瀬田も殴り倒した義澤。しかし、落とし穴に足を取られた命を助け落ちそうになった義澤は、瀬田に刺されてICレコーダーも奪われ、穴に埋められてしまうのだった。

「先生を消す方程式。」4話 みんなの口コミ紹介


この口コミを見る

この口コミを見る

「先生を消す方程式。」 5話 あらすじ

義澤を消して浮かれる瀬田

義澤(田中圭)にナイフを刺し、土の中に埋めた頼田(山田裕貴)は翌日クラスに現れ、生徒たちをうまく扱えなかったことを理由に義澤が行方不明になったことを告げる。
さらに頼田は義澤がこれまで行ってきた授業を全否定し、自らが3年D組の担任となる。

頼田は義澤の恋人・静(松本まりか)の病室にも現れ静にキスをする。高校時代いじめを受けていた頼田は、自分をかばってくれた教師の静に恋心を抱いていたものの、いじめっ子に脅されて静を階段から突き落としていたのだ。

義澤を殺したことに罪悪感を抱く生徒たち

一方、一緒に義澤を埋めた弓(久保田紗友)、薙(森田想)、力(高橋侃)は、罪悪感に苛まれていた。義澤はそれぞれの親を諭してくれており、親との関係性が良好になった3人は義澤がいい先生だったのではと思い始め、自分たちがしたことを警察に言おうとしていた。
それを許せない刀矢(高橋文哉)は、瀬田に焚きつけられて弓に手をかけるべく夜の学校に呼び出す。

死んだはずの義澤が蘇った!?

その頃、命(秋谷郁甫)は義澤が埋められた土の上に道具をそろえ、死者をよみがえらせる儀式を行っていた。
その時、雷鳴がとどろき雷が落ちてきて、死んだはずの義澤が土の中から現れたのだった!!

「先生を消す方程式。」5話 みんなの口コミ紹介


この口コミの続きを見る


この口コミを見る

次回6話 復讐に燃える蘇った闇の義澤

「第2章 闇の義経、襲来編」の始まり!
死んだと思われ土の中に埋められた義澤先生でしたが、命の儀式のおかげか?無事蘇ることに成功。
次回、怒りに燃える義澤先生が、自分を殺した生徒たちに復讐を始めるようです。
蘇った義澤先生はいつも笑顔の先生に戻ることはないのでしょうか?
さらに、静に再び近づく瀬田先生を止めることはできるのでしょうか?
もはやどうなるのかまったく予測不能!次回も気になります!

「ABEMA」でフライングドラマが独占配信!!

「先生を消す方程式。」のフライングドラマが「ABEMA」で独占配信されていることを知っていますか? フライングドラマとは、隠された謎や真実に繋がるヒントをフライングで見れるスピンオフドラマのこと。フライングドラマを見て謎解きや考察にチャレンジしてみましょう。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が発信するWEBマガジンです。今注目の俳優・女優、話題のドラマのランキング、著名なライターによる定期コラムなどドラマに関する情報をお届けしています。

よく読まれている記事