カテゴリ一覧

TVログバナー
テセウスの船8話

【テセウスの船】8話 あらすじ・考察・口コミまとめ お楽しみ会当日!真犯人の本当の狙いとは・・・

#テセウスの船 #竹内涼真
2020年3月11日 by

ますます盛り上がりを見せる「テセウスの船」8話。
とうとうお楽しみ会当日となりました。家族を安全な村の外に逃がし、犯人がみきおだとわかっている状態なのに、平和に終わる気配がまったくしません。ポンコツ心さんとお父さんのコンビは一見頼もしそうなのになぜか不安・・・。
それでも、みきおが事件を起こそうとする目的や、共犯者についても少しずつ明らかになっていきそうです。

もどかしくも急展開となる第8話のあらすじと、TVログに寄せられたみんなの考察や口コミをご紹介します!
引用:https://www.paravi.jp/watch/53371

【テセウスの船】8話 事件は阻止できるのか!?お楽しみ会当日!

テセウスの船8話
引用:https://www.paravi.jp/watch/53371

なんとか事件を阻止しようとする心と文吾

これまで心(竹内涼真)を悩ませてきた事件が起こるお楽しみ会当日。
学校にやってきた心と文吾(鈴木亮平)は、みきお(柴崎楓雅)が青酸カリを持っているのではないかと疑い、荷物検査もして問い詰めるが何も見つからない。
それどころか、みきおは毒を持っていると疑われたことをみんなの前で話し、心を嘘つき呼ばわりする。
さらに、みきおが持ってきた粉ジュースをほかの子供に飲ませまいとする心に対して、自分でジュースを飲んで身の潔白を証明したみきおによって、ますます窮地に追い込まれる。

それでも、みきおが作るのを手伝ったというはっと汁も処分し、なんとか事件を止めようとする心と文吾。
まったく信用されなくなった心は、せめて文吾の罪にならないようにと、子供達に用意されたはっと汁を自ら飲んでみせる。
結果、毒は入っておらず、事件は起こらないままお楽しみ会は無事に終了したのだった・・・。
そこへ、車が路上で放置されていると文吾に無線が入る。

事件は起こらず逃げたはずの家族が狙われる

連絡のあったところに心と文吾が駆けつけると、それは村から出て行ったはずの和子(榮倉奈々)の車で、和子も子供達も見当たらなかった。
車の中には、警官が処刑されている不気味なイラストがあり、犯人の狙いは最初から文吾なのではないかと推測する心。
みきおを連れ帰ったさつき(麻生祐未)のところに行くと、食事を作っている間にみきおがいなくなったという。

必死で和子たちを探す文吾の無線に、行方不明だった家族が無事保護されたとの連絡が入る。
家に帰ってきた鈴は「みきおに助けてもらった」と言い、小学校の体育館に監禁されていたこともあり、みきおの共犯者はあの日学校にいた人物の中にいるのではと考える心。

思い余った心は、お楽しみ会で事件が起こるはずだったことや、犯人がみきおで共犯者がいることなどを和子に打ち明け、安全のため再び村を出てほしいと懇願する。
しかし、和子は警察官である文吾と結婚する時に覚悟はできている、文吾のそばで支えると話す。
それを聞いていた文吾は必ず家族を守ると誓い、警察署内でもみきおが犯人だと相談するが相手にされず、心はみきおの共犯者を探すがこれといった成果は上がらない。

みきおとの直接対決に向かう文吾

駐在所に戻った文吾は、みきおから「もう疲れちゃった。捕まえに来てよ。」という電話を受け、一人で来るように指示される。
その後に駐在所に戻った心は、文吾が「俺が決着をつける」と残したメモを見つけ、そこに住所を書き留めた跡が残っているのに気づき急いで現地に向かうのだった。

みきおが指示したキャンプ場にたどり着いた文吾。
警戒しながら侵入すると、そこには事件に関する犯人の日記を印刷したワープロ用紙があった。

そこにみきおが現れ、鈴のために正義の味方となったことを語る。
その時、背後からスタンガンを押し当てられ気を失う文吾。さらに、その人物は共犯者であるはずのみきおにもスタンガンを向ける。

遅れてやってきた心は、そのままになっている文吾のパトカーを見つける。その中には、意識を失ったみきおが倒れていた―。

【テセウスの船】8話 みんなの考察・口コミ紹介

テセウス船 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウス船 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウス船 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウス船 考察
https://tv-log.com/reviews/44579/detail

テセウス船 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウス船 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウス船 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

次回は9話!真犯人の狙いは父さんだった!?

お楽しみ会ではさんざん心さんと父さんを翻弄したみきおですが、今回のラストでは共犯者に裏切られた形になってしまいました。
幼いみきおの目的は、鈴のことが好きでいいところを見せたいだけだったのかもしれませんが、本当の黒幕である共犯者には父さんに対して強い恨みがあるのでしょうか・・・。

小学校での大量殺人事件は防げたものの、次回予告ではやっぱり父さんが犯人扱いされてしまうようです。
タイムスリップものでは、過去をどう変えようとも決まった未来は変えられないという展開はよくありますが、そこには絶対に父さんを犯人に仕立て上げようとする真犯人の強い意思が感じられます。

今回はみきおに振り回されてちょっとイライラする展開でしたが、次回も心さんは父さんを救うため奔走します!

TVマガ編集部

よく読まれている記事