2020年3月19日

【テセウスの船】9話 あらすじ・口コミ・考察まとめ 真犯人の周到な罠によりとうとう文吾が逮捕される!

テセウスの船 9話 考察 あらすじ

共犯者のはずのみきおまで意識不明にされ、文吾への疑いが強まる中、加害者の家族がさらし者になるのを過去でも経験することになる心さん。
さらに、警察の中でも文吾を積極的に犯人にしようとする人物も現れ、ますます厳しい状況になりそう。

村人すべてがあやしく見える「テセウスの船」、来週が最終回となりますので、今回の内容をしっかり見極めたいですね!

9話のあらすじと、TVログに寄せられたみんなの考察や口コミをご紹介しますので、ぜひ推理の参考にしてください!

引用:https://www.paravi.jp/watch/53731

【テセウスの船】9話 あらすじ 真犯人の罠により追い込まれる佐野文吾

テセウスの船 9話 考察 あらすじ

引用:https://www.paravi.jp/watch/53731

文吾が警察から追われることに・・・

文吾(鈴木亮平)のパトカーの中で倒れているみきお(柴崎楓雅)を見つけた心(竹内涼真)。
そこに、ケンカの通報があったと警察が駆けつけてくる。
みきおの脈はあるが、文吾は見つからず無線にも応答しない。さらに、みきおを犯人扱いしていたことから、逆に文吾が疑われて警察から追われることに。

文吾を探すものの見つからず心が家に戻ると、そこに県警の監察官・馬淵(小籔千豊)が部下を連れてやってきて、文吾に殺人未遂の容疑がかかっていると強引に家宅捜索を始める。
特に証拠らしいものは見つからず、家を荒らして帰っていったが、過去に同じ警察署にいたという馬淵には文吾に対して思うところがある様子。

佐野家に群がるマスコミに立ち向かう和子

翌朝、佐野家には事件のことを聞きつけた記者たちが押し寄せていた。
帰ってこない父に不信感を募らせる鈴(白鳥玉季)や必死に文吾をかばう和子(榮倉奈々)を見て、加害者の家族として苦しんできた心はマスコミの前に飛び出すが、その言葉は届かない。
和子は再びマスコミの前に立ち、「私たち家族は主人のことを信じています」ときっぱりと告げた。

同じ頃、文吾は目隠しをされて監禁されており、犯人がつけたテレビでその様子を聞いていた。啖呵を切る和子に喜ぶ文吾が気に入らない犯人は、再びスタンガンで文吾を眠らせてしまう。

鈴は母の姿を見て反省し、心は入院しているみきおに話を聞きに行くが、文吾のことを恨むさつき(麻生祐未)に追い返されてしまう。
心が駐在所に戻ると見慣れぬ封筒が置いてあり、中には未来から持ってきた事件のことをまとめたノートが入っていた。ノートには、1977年にあった音臼祭のチラシが挟まっており、そこに書かれていた実行委員の校長(笹野高史)の名前を見つけ、話を聞きに行くことに。

犯人の周到な罠に追い込まれる文吾

心の正体を見抜いている様子の校長だったが、12年前の祭でキノコ汁に毒キノコが混入していたことから食中毒が発生し、1人の女性が亡くなったという話をしてくれた。
その女性の息子が今も村にいる農家の徳本卓也(今野浩喜)という男で、心は卓也の家に行くが何も見つけられず、逃げ出して山から下りてくる文吾と再会する。
心と文吾が家に戻ると、卓也と井沢(六平直政)が通りがかり、佐野家を気遣って猪鍋をふるまってくれた。

心は文吾に祭のチラシを見せて事情を話し、文吾は監禁されていたことなどを警察に説明に行き、そのまま留置場に入れられてしまう。
翌朝、和子は警察に文吾を迎えに行き、心は家に青酸カリが隠されているのではと探すが何も見つからない。

一方、馬淵の元に無線が入り、これまでの事件に関連した証拠や真っ二つに折られたフロッピーが見つかり、ラベルには「駐在日記」と書かれていたことを知る。
それを見つけて通報したのは、身体が不自由な父の介護に通っていた田中正志(せいや)だった。

馬淵が駐在所に駆け込みワープロを調べると、犯人が打ち込んでいた事件に関する日記が保存されており、青酸カリは裏庭に埋めたと書かれていた。
すぐに裏庭を掘り返すと青酸カリが見つかり、家に戻ってきた文吾はそのまま連行されてしまう・・・。

【テセウスの船】9話 みんなの考察・口コミ紹介

テセウスの船 9話 考察

「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウスの船 9話 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウスの船 9話 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウスの船 9話 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

テセウスの船 9話 考察
「TVログ」でこの考察の続きを見る

次回、最終回ですべてが明らかに!?

最終回を目前に、これまで深堀されていなかった村人の過去が明かされました。
しかし、父さんに恨みがある様子もなく、すべてを見通しているかのような校長は敵なのか味方なのかが一番のポイントになる気がします。

現時点では、わざわざ証拠を見つけて通報した田中正志がもっともあやしく見えますが、急に現れた監察官の馬淵が敵意をむき出しにしているのも気になりますね。
村人全員が共犯とか鈴が黒幕とかいろいろな考察が出ていますが、今回も青酸カリが見つかるまで何もできずにおろおろしているだけの心さんは相変わらずでした!

次回、最終回は拡大版ですので、まだまだこれから二転三転しそうな予感。
一体真犯人は誰なのか、心さんは明るい未来へたどり着けるのか、見どころは盛りだくさんです!