カテゴリ一覧

TVログバナー

【ウチカレ】無料の見逃し動画配信は?あらすじ・見どころ・感想・視聴率も紹介!

#浜辺美波 #菅野美穂
2021年2月26日 by

菅野美穂さんと浜辺美波さんが母子役で出演する話題のドラマ「ウチカレ」こと「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」。

脚本は数々のヒット作を世に送り出してきた北川悦吏子さん。天然キャラの小説家でシングルマザーの母としっかり者だが恋愛経験ゼロのアニメオタクの娘、それぞれの不器用な恋愛を描くラブコメディです。

そんな「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」の無料見逃し配信で見る方法、キャスト、各話のあらすじ、見どころ、感想を紹介します。

引用:https://twitter.com/uchikare_ntv

【ウチカレ】1話〜最新話まで無料で見れる、見逃し動画配信はある?

引用:https://twitter.com/uchikare_ntv

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」を見るならHuluがおすすめ!

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」はHuluで動画配信されています。Huluでは国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々な番組を視聴でき、特に日本テレビ系の作品が多く揃っています。

日テレ系列で放送された作品のほとんどはHulu独占配信のため、日テレ系ドラマやバラエティなどが見たい方は、迷わずHuluで視聴するのが良いでしょう。
「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」を見るならHuluがおすすめ!
今なら初回2週間無料トライアル!
2週間以内に解約すれば、
無料で見られます!
解約の手続きもカンタン♪安心して楽しめます!
↓Huluの登録方法・解約方法・おすすめポイントはこちらをチェック!

【ウチカレ】ドラマデータ、あらすじ、見どころ

ウチカレ:ドラマ情報

日本テレビ系 水 22:00~23:00
放送 2021年1月13日~
出演 菅野美穂 浜辺美波 岡田健史 川上洋平 有田哲平 沢村一樹
脚本 北川悦吏子

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は動画配信サイト Hulu で見ることができます!

【ウチカレ】のあらすじ

シングルマザーとして娘を育てる小説家・水無瀬碧(菅野美穂)は“恋愛小説の女王”としてかつて一世を風靡したが、連載中のミステリーが大コケして打ち切りに。久々に恋愛小説を書くことになる碧は、恋愛から遠ざかっていて自信がない。そんな碧の大学生の娘・空(浜辺美波)もアニメオタクで恋愛未経験。恋愛に不器用な天然キャラの母としっかり者の娘の前に次々と現れる魅力的な男性たち!

碧のイケメン担当編集者・橘漱石(川上洋平)、碧の大ファンの美形整体師・渉周一(東啓介)、空と同じゼミのモテ大学生・入野光(岡田健史)。そしてふたりをずっと見守ってきた碧の幼馴染・鯛焼き店4代目のゴンちゃん(沢村一樹)。母と子に訪れる運命の恋とは!そして再び碧は“恋愛小説の女王”に返り咲けるのか!?

【ウチカレ】の見どころ

恋に不器用な天真爛漫な小説家の母とアニメオタクでしっかり者の娘のそれぞれのラブストーリーを描く本作。見どころのひとつは北川悦吏子さんの脚本。朝ドラ「半分、青い。」や「ロングバケーション」などヒット作を手掛けた北川さんが令和に紡ぐ恋物語は必見。そして水無瀬碧(菅野美穂)と娘・空(浜辺美波)の恋に絡む新鮮なイケメン俳優たちも要チェック。

母と子ふたりの心をわしづかむ美形整体師・渉周一役の東啓介さんは、舞台「刀剣乱舞」やミュージカル「テニスの王子様」などに出演経験がある25歳の実力派俳優。また碧の雰囲気イケメン担当編集者・橘漱石役の川上洋平さんは人気ロックバンドAlexandrosのボーカル・ギター担当する38歳。テレビドラマという新たなフィールドにおいてどんな演技で魅了してくれるのか。期待が高まります!

【ウチカレ】:第1話〜最終話のあらすじ・感想・口コミ

ウチカレ:第1話のあらすじ

【視聴率10.3%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

舞台は下町情緒漂う都会の一角、すずらん町。水無瀬碧(菅野美穂)は、かつて“恋愛小説の女王”として一世を風靡した小説家で一人娘を育てるシングルマザー。その娘の大学生・空(浜辺美波)は二次元オタクで恋愛未経験とあって母の悩みの種。碧は古いつきあいの編集長・小西(有田哲平)から渾身の初ミステリー連載打ち切りを宣告されてしまう。新しい担当編集者の橘漱石(川上洋平)から久々の恋愛小説を発注されるが、恋愛から遠ざかっているため返事できなかった。しかし、次々に連載が打ち切られて家計は火の車。空は生まれた頃から住んでいるタワーマンションからの引っ越しを提案する。

碧と空を見守るのは碧の幼馴染の老舗鯛焼き屋4代目のゴンちゃん(沢村一樹)と先代の俊一郎(中村雅俊)。母と娘は別々に訪れ、引っ越しのことなどを彼らに相談していた。空は大学では自ら“トップオブトップの陰キャ”と称し、陽キャの学生たちを苦手としていた。ある日、ゼミ仲間から大学の飲み会に誘われて渋々参加。陽キャでモテ男の入野光(岡田健史)と同席。空は入野にバカにされたと感じて途中で帰ってしまう。しかし、入野は何か空に言いたげな表情を見せていた。

空はおつかいの帰りに公園で転んでしまう。そこで長身のイケメンに助けられて胸がときめく。碧は日頃の疲れがたまって四十肩になり、整体院へ。そこで碧の大ファンだという整体師・渉周一(東啓介)に出会い、一目惚れしてしまう。碧は空との思い出が詰まったタワマン生活を死守するため、恋愛小説を書くことを決意。母と娘の恋もそれぞれ動き出した!

ウチカレ:第1話の感想・口コミ

ウチカレ:第2話のあらすじ

【視聴率8.8%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

整体師の渉(東啓介)に一目惚れした碧(菅野美穂)。空(浜辺美波)が恋に落ちた相手とは知らず、渉のためにおしゃれをして整体院へ向かう。しかし、渉の年齢が「25歳」と聞いて碧の恋心は急激に冷めてしまう。一方、空は大学のゼミ中に落書きをしていて教授に取り上げられてしまう。講義が終わると同じゼミの光(岡田健史)が空をカフェに誘い、自分が隠れ二次元オタクであることを告白。以前、コミケで空を見かけたことも明かす。そして、空の落書きを絶賛。光がストーリーを考えて絵が得意な空が作画を担当し、一緒にマンガを描くことを提案する。碧に光からの提案について相談したものの意見がぶつかり、空は外に出て行ってしまう。

立ち寄ったカフェで先日公園で出会った長身の男性、渉と再会。心配で跡をつけてきた碧はふたりの様子を見て衝撃を受ける。空と渉は話が盛り上がり、動物園デートすることに。空は“恋愛小説の神様”の異名がある母・碧とともに作戦を練る。ある日、打ち合わせで担当編集者の漱石(川上洋平)が碧の自宅へ。そこへ漱石の彼女・沙織(福原遥)が突然押しかけてくる。漱石のことが心配で駆けつけたと語り、過呼吸を起こしてその場で倒れ込んでしまう。碧は沙織が落ち着いたところで漱石を信用するようにとアドバイスする。いよいよ空の初デートの日。空は碧と一緒に選んだとっておきのワンピースを着て待ち合わせ場所へ。そこには笑顔の渉が待っていた。空の人生初のデートは成功するのか!?

ウチカレ:第2話感想・口コミ

ウチカレ:第3話のあらすじ

【第3話 世帯平均視聴率 8.1%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

空と渉の初デートで「つけ鼻毛事件」発生!ゴンちゃんに見合い話浮上で碧が激しく動揺し…

整体師の渉(東啓介)と動物園デートに行った空(浜辺美波)は碧(菅野美穂)に不満をぶちまける。渉の鼻の穴から毛が出ているのを発見し、ショックのあまり、次のデートの約束もしていないという。空はその鼻毛が「つけ鼻毛」だったことを知り…。ある日、ゴンちゃん(沢村一樹)に見合い話が持ち上がる。相手は26歳の美女で鯛焼きを焼く姿に一目惚れしたらしい。碧は見合いに浮かれるゴンちゃんを見て複雑な気持ちになる。

見合い話を気にする碧に漱石(川上洋平)はふたりでデートをするようにとコンサートのチケットを渡す。一方、光(岡田健史)は想いを寄せていた元家庭教師の未羽(吉谷彩子)から別れを切り出される。さらに母親からエリートコースを外れた光に地元での法事への不参加を促されてしまう。沙織は恋人・漱石の監視がエスカレートし、体調を崩すまでに。たまたま立ち寄った「おだや」で俊一郎(中村雅俊)に恋愛相談を持ち掛ける。

碧とゴンちゃんはコンサート終わりにふたりが通った小学校に忍び込む。幼い頃の思い出を語るうちに碧はゴンちゃんに見合いをやめるよう促す。すると、すでに見合いを済ませて結婚する方向で話が進んでおり、碧の気持ちには答えられないと謝罪する。「フラれた」と落ち込む碧に漱石が碧の過去作の映画化話が出ていることを知らせる。主演は人気バンドのボーカル・ユウト(赤楚衛二)。碧が大好きなアーティストだった。そして漱石に「私、ユウトと恋します!」と宣言し…。

ウチカレ:第3話感想・口コミ

ウチカレ:第4話のあらすじ

【第4話 世帯平均視聴率 8.2%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

碧と漱石がトラブルを乗り越えて急接近!渉の“つけ鼻毛”には切ない理由があった!?

碧(菅野美穂)の小説『私を忘れないでくれ』が、人気バンドのボーカル・ユウト(赤楚衛二)主演で映画化されることが決定。碧が打ち合わせに行くとユウトが原作の内容を変えたいと言いたい放題。碧は許可もなしに小西(有田哲平)や脚本家らが勝手にユウトの言うとおりに進行していたことにショックを受ける。そして碧は小西からこのまま映画化を受け入れなければ次の作品を書かせないと厳しい交換条件を突き付けられてしまう。

空(浜辺美波)はデートに“つけ鼻毛”をしてきた渉(東啓介)に理由を聞いていた。“忘れられない人”がいて、空に嫌われようとしてつけたと答える。空はその場で渉に別れを告げた夜、突然スケッチブックに絵を描き出す。それは入野(岡田健史)が話していた漫画のストーリーのイメージボード。おだやで空が入野に見せるとその素晴らしい出来栄えに目を輝かせる。そこに渉が来店し、小学校の頃に結婚の約束をした“忘れられない人”について語る。その話を聞き、空は「私とつけ鼻毛なしでデートしてもらえませんか」と告白する。

一方、漱石は碧の作品を守るためにユウトや脚本家のもとを訪れて直談判。熱意のある説得が功を奏して、原作の内容を変更せずに映画化することが決まる。碧の自宅に報告に来た漱石は大ファンだった碧の担当になるために出版社に入ったことを明かす。碧は漱石のまっすぐな気持ちに触れ、思わず抱きしめてしまう。そして、漱石と碧は瞳を閉じて…。

ウチカレ:第4話感想・口コミ

ウチカレ:第5話のあらすじ

【第5話 世帯平均視聴率 8.3%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

ガチデートする空と渉に入野はモヤモヤ!漱石が沙織にフラれ、傷心で交通事故!?

碧(菅野美穂)と漱石(川上洋平)がキスする寸前に空(浜辺美波)が帰宅して未遂に終わる。漱石は今後、碧と距離を取るようにすると宣言されてしまう。空(浜辺美波)と入野(岡田健史)はマンガの打ち合わせで距離を縮めていた。入野は碧の小説のタイトル「アンビリカルコード」の意味がへその緒であることを教える。また、空と碧の血液型を聞いて入野は疑問を抱く。

俊一郎(中村雅俊)が碧と空、ゴンちゃん(沢村一樹)に新しい恋人・沙織(福原遥)を紹介すると一同仰天。沙織は空に漱石との恋は苦しかったが、年の離れた俊一郎といると苦しくないと胸の内を語る。空と渉(東啓介)は仕切り直しのデートへ。渉との不器用なデートを楽しむ空はたびたび入野に電話をしてデートを成功させるコツを聞く。しかし、入野は空への想いが募って複雑な気持ちに…。渉が予約したイタリアンレストランで席に着くと空が腹痛を訴える。渉の整体院で理由を聞くと空の痛みは緊張から来ていたもので、渉は気づけなかったことを謝る。

碧はゴンちゃんのアドバイスから「母と娘」が登場する小説のアイデアが浮かび、あらすじを書き上げる。漱石に送ると「僕が企画を通します!僕が読みたいんで」と力強い言葉を聞き、ほっとする碧。後日、小西(有田哲平)から企画通過と漱石が風邪で休んでいることを聞く。高熱に冒されている漱石のもとへ沙織から別れを告げるメッセージが届く。漱石はすぐに沙織のもとへ車を走らせるが、高熱でハンドルを持つ手が…。

ウチカレ:第5話感想・口コミ

この口コミには続きがあります

ウチカレ:第6話のあらすじ

【第6話 世帯平均視聴率 8.4%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

空と碧は血縁関係ではないことが判明!血液型騒動で空と入野が急接近して…

沙織(福原遥)から突然別れを告げられ、高熱にもかかわらず車を飛ばした漱石(川上洋平)。事故を起こす寸前で車を止め、命の危険は免れた。運ばれた病院へ駆けつけた碧(菅野美穂)がキスをしようとするが漱石は拒否。新作小説『真夏の空は、夢』に専念するように伝える。空(浜辺美波)は渉(東啓介)との順調な交際を入野(岡田健史)に報告する。入野は空と碧の血液型のこと、空と渉ののろけ話を聞いてモヤモヤ。おだやに行き、俊一郎(中村雅俊)と酒を飲むうちに空を想う気持ちをぶちまける。

空は血液型のことが気になり、碧の母子手帳を見つけてO型を確認。空は入野に血液型の相談するうちに、自分の血液型も改めて調べたいと言い出す。入野の付き添いで病院で調べると結果は変わらずAB型。O型の母親からはAB型の子どもは生まれない。碧と血のつながりがないことを知り、空はパニック状態に。「血液型なんか調べなきゃよかった」と入野に泣きながら抱き着く。

一方、碧は引き出しの中の母子手帳の位置が変わっており、空が血縁関係に気づいたことに焦っていた。そんな碧をゴンちゃん(沢村一樹)がそばで慰める。空は渉とのデートを早々切り上げて、入野に会いに行く。自分のことを心配してくれた入野に会いたくなったのだった。家に帰りたくないという空に入野は自分の部屋を貸し、自分はマンガ喫茶へ。しばらくすると空が満喫に現れ、ふたりで朝を迎える。空が自宅に戻り、「私、かーちゃんの娘じゃないの?」と碧にたずねると…。

ウチカレ:第6話感想・口コミ

ウチカレ:第7話のあらすじ

【第7話 世帯平均視聴率 9.0%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)】

空の本当の両親・出生の秘密が明らかに!碧が血縁のない空を育てることになった理由とは…

碧(菅野美穂)と親子の血の繋がりがないことがわかった空(浜辺美波)。碧に自分の出生について問い詰めると、若かりし頃の碧について語り出す。心から愛した人がいたが、裏切られてしまった。その頃、恋愛小説が大ヒットしたものの、次作が全く書けずスランプに。そして死を決意して向かった樹海で赤ん坊の泣き声が聞こえた。それが空。生きてこの子を育てていこうと思ったと告白する。

空が光(岡田健史)に碧から聞いた話をすると、碧の小説『アンビリカルコード』にまったく同じ内容が登場することを指摘。そして樹海で拾ったにもかかわらず、臍の緒が手元にあることがおかしいと空が気づく。そこで空は俊一郎(中村雅俊)とゴンちゃん(沢村一樹)、沙織(福原遥)、漱石(川上洋平)、光を自宅に集め、皆の前で改めて碧に出生の秘密を話すように仕向ける。

碧は劇団員の一ノ瀬風雅(豊川悦司)に憧れて、やがて恋人関係に発展したことを明かす。交際するも一ノ瀬と連絡が取れなくなり、自宅に乗り込むと身重の女性が。碧と同じく一ノ瀬に裏切られた星野鈴(矢田亜希子)。一ノ瀬は鈴の妊娠を知らずに姿を消していたのだった。持病を持ちながらも子供を産みたいと切望する恋敵の鈴と碧の間に絆が芽生える。その後、空を出産した鈴はこの世を去り、碧が空を育てることにしたのだった。その頃、空と疎遠になっていた渉(東啓介)は気晴らしにスキューバダイビングで海へ。そこで流木を拾う謎の男性に出会っていた。

ウチカレ:第7話感想・口コミ


まとめ

「ウチカレ」こと「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のあらすじや見どころを紹介しました。恋愛に不器用な母・碧と娘・空のそれぞれの恋。そして、小説家・碧が書く恋愛小説はヒットするのか…。ラストまで見届けましょう!

 

【ウチカレ】1話〜最新話まで無料で見れる、見逃し動画配信

 

 

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が発信するWEBマガジンです。今注目の俳優・女優、話題のドラマのランキング、著名なライターによる定期コラムなどドラマに関する情報をお届けしています。

よく読まれている記事